ホーム > アルバム > Ekkozone04 レイノルズ:ジャーニー/トランスフィジャード・ウィンド III (エスビェア・アンサンブル/ロイメルト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
Ekkozone04
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ロジャー・レイノルズ Roger Reynolds
アーティスト
エスビェア・アンサンブル Esbjerg Ensemble , ハーヴェイ・ソルバーガー Harvey Sollberger , ケアスティン・ティーレ Kerstin Thiele , ジャクリーヌ・ルクレア Jacqueline Leclair , マティアス・ロイメルト Mathias Reumert

レイノルズ:ジャーニー/トランスフィジャード・ウィンド III (エスビェア・アンサンブル/ロイメルト)

REYNOLDS, R.: Journey / Transfigured Wind III (Wind Concertos) (Esbjerg Ensemble, Reumert)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Ekkozone04

全トラック選択/解除

ロジャー・レイノルズ - Roger Reynolds (1934-)

**:**
ジャーニー
1.

Journey

録音: 1-4 May 2023, KoncertKirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10525740
 
**:**
トランスフィギャード・ウィンド III

Transfigured Wind III

録音: 1-4 May 2023, KoncertKirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10525741
**:**
»  I. Flute
2.

-

**:**
»  II. Ensemble
3.

-

**:**
»  II. Flute
4.

-

**:**
»  II. Ensemble
5.

-

**:**
»  III. Flute
6.

-

**:**
»  III. Ensemble
7.

-

**:**
»  IV. Flute
8.

-

**:**
»  IV. Ensemble
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2024/01/01
アメリカの作曲家ロジャー・レイノルズとデンマークのミュージシャン兼プロデューサー、マティアス・ロイメルトのコラボレーションによるシリーズの第1弾。このアルバムでは世界初録音を含むレイノルズの木管のための協奏曲が紹介されます。オーボエ協奏曲「JOURNEY」は2023年の最新作。ソリストのジャクリーン・ルクレアのために書かれた作品で、巧みな対位法が巡らされたオーケストラと、技巧的なオーボエが競い合うかのような緻密なアンサンブルを作り出していきます。1984年の「Transfigured Wind III」は20世紀後半に書かれた名作。クリスティアン・ティーレのフルートと、レイノルズ作品を最初に演奏した奏者の一人、ハーヴェイ・ソルバーガー(1938-)の音を電気的に処理した響きを組み合わせ、ロイメルトが指揮するエスビェア・アンサンブルが伴奏、ユニークな音楽が生み出されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。