ホーム > アルバム > FECD-0030 黛敏郎:プリペアド・ピアノと弦楽のための小品/交響詩「輪廻(さむさーら)」/弦楽のためのエッセイ(オーウェン/ルイヴィル管/ホイットニー/遠藤明)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FECD-0030
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
黛敏郎 Toshiro Mayuzumi
アーティスト
遠藤明 Akira Endo , ベンジャミン・オーウェン Benjamin Owen , ロバート・S・ホイットニー Robert S. Whitney , ルイヴィル管弦楽団 Louisville Orchestra

黛敏郎:プリペアド・ピアノと弦楽のための小品/交響詩「輪廻(さむさーら)」/弦楽のためのエッセイ(オーウェン/ルイヴィル管/ホイットニー/遠藤明)

MAYUZUMI: Pieces for Prepared Piano and Strings / Samsara, Symphonic Poem

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FECD-0030

全トラック選択/解除

黛敏郎 - Toshiro Mayuzumi (1929-1997)

**:**
プリペアド・ピアノと弦楽のための小品

Pieces for Prepared Piano and Strings

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/88966
**:**
»  I. Prologue
1.

-

**:**
»  II. Interlude
2.

-

**:**
»  III. Finale
3.

-

 
**:**
交響詩「輪廻(さむさーら)」
4.

Samsara, Symphonic Poem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/88967
 
**:**
弦楽のためのエッセイ
5.

Essay for String Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/88968
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アナログ・レコード時代には、珍しい海外録音としてマニアの注目を集めていた音源がCDに。ケージの影響を受けつつ前衛的には至らない「プリペアド・ピアノ協奏曲」、「涅槃交響曲」などに通じる「輪廻(さむさーら)」など、1950年代から60年代初期にかけての注目作を集めました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。