ホーム > アルバム > FUG759 ババジャニアン/ブロッホ/エルキン/フランク:ピアノ作品集(HIKAYE~物語)(ベンギ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG759
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ウルヴィ・ジェマル・エルキン Ulvi Cemal Erkin , ステファン・ギャラン Stéphane Galland , 武満徹 Toru Takemitsu , アルノ・ババジャニアン Arno Harutyuni Babadjanian , セザール・フランク César Franck , エルネスト・ブロッホ Ernest Bloch , ヴァシリー・モクラーニャッツ Vasilije Mokranjac , Kostas Giannidis
アーティスト
イシュル・ベンギ Işıl Bengi

ババジャニアン/ブロッホ/エルキン/フランク:ピアノ作品集(HIKAYE~物語)(ベンギ)

Piano Recital: Bengi, Işıl - BABADJANIAN, A.H. / BLOCH, E. / ERKIN, U.C. / FRANCK, C. (Hikaye)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FUG759

全トラック選択/解除

Kostas Giannidis (1903-1984)

**:**
8つのギリシャ舞曲

8 Greek Island Dances

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7600617
**:**
»  No. 1. Allegretto con grazia
1.

-

**:**
»  No. 2. Allegro moderato ma energico
2.

-

**:**
»  No. 3. Allegretto
3.

-

**:**
»  No. 4. Andantino mosso
4.

-

**:**
»  No. 5. Con moto
5.

-

**:**
»  No. 6. Allegretto vivo e con spirito
6.

-

**:**
»  No. 7. Moderato
7.

-

**:**
»  No. 8. Vivo e giocoso
8.

-

アルノ・ババジャニアン - Arno Harutyuni Babadjanian (1921-1983)

**:**
6つの描写

6 Kartin (6 Pictures)

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619241
**:**
»  No. 1. Improvisation
9.

-

**:**
»  No. 2. Folk Song
10.

-

**:**
»  No. 3. Toccatina
11.

-

**:**
»  No. 4. Intermezzo
12.

-

**:**
»  No. 5. Chorale
13.

-

**:**
»  No. 6. Sassoun Dance
14.

-

ウルヴィ・ジェマル・エルキン - Ulvi Cemal Erkin (1906-1972)

**:**
印象(11のピアノ小品) - 第2曲 嘘をつく子供(狼少年)
15.

Duyuşlar (11 Piano Pieces): No. 2. Küçük çoban (The Little Shepherd)

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619242

ヴァシリー・モクラーニャッツ - Vasilije Mokranjac (1923-1984)

**:**
6つの舞曲

6 Dances

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619243
**:**
»  No. 1. Moderato
16.

-

**:**
»  No. 2. Presto
17.

-

**:**
»  No. 3. Moderato
18.

-

**:**
»  No. 4. Allegro
19.

-

**:**
»  No. 5. Allegro giusto e molto ritmico
20.

-

**:**
»  No. 6. Prestissimo
21.

-

ステファン・ギャラン - Stéphane Galland (1969-)

**:**
遊戯

Jeux

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619244
**:**
»  I. Unisson
22.

-

**:**
»  II. Waves
23.

-

**:**
»  III. Transe
24.

-

エルネスト・ブロッホ - Ernest Bloch (1880-1959)

**:**
捧げ物
25.

Ex-voto

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619245

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
ゆるやかな舞曲 ヘ短調
26.

Danse lente in F Minor

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619246

武満徹 - Toru Takemitsu (1930-1996)

**:**
リタニ -マイケル・ヴァイナーの追憶に-

Litany

録音: July and October 2019, Auditorium Maene Ruiselede, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619247
**:**
»  I. Adagio (con rubato)
27.

-

**:**
»  II. Lento misterioso
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
【トルコ出身ピアニストによる、自らのルーツを探る多彩な音楽の物語】イスタンブールに生まれベルギーで活躍するピアニスト、イシュル・ベンギによる、ドイツ・イタリア・フランスといったメインストリームをあえて外したピアノ作品集。日本の武満で締めくくられるのも興味深いプログラムです。親密さと超絶技巧、優しさと暴力性、喜びと憤怒といった対照的な曲想が並び、民族性豊かなものから前衛まで手法も様々。ベンギは個性あふれるそれぞれの作品に寄り添い、しなやかでダイナミックな表現とテクニックで目の覚めるような演奏を聴かせ、素晴らしい聴き応えとなっています。トルコ出身という自らのルーツを探りながら、オスマン・トルコが優勢だったバルカン半島をはじめ東西ヨーロッパからアジアまでの作品に向き合い、それぞれに秘められた物語を紐解いていきます。今回のレコーディングには、歴史的ピアノの修復でも名高いベルギーのピアノ工房クリス・マーネと、東京国際フォーラムのデザインなどで知られる世界的建築家ラファエル・ヴィニオリのコラボレーション・ピアノが初めて使用されています。これはクリス・マーネの平行弦ピアノとヴィニオリのデザインによる人間工学に基づいた鍵盤配置が組み合わされたもの。非常にユニークな見た目である以上に、たいへん美し響きを実現した楽器です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。