ホーム > アルバム > FUG766 モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 K. 365 /どうしてあなたを忘れられよう K. 505/ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 K. Anh. 56/315f (エリザベート王妃音楽大学ライヴ)(ロルティ/ツェーンダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG766
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴァレスコ Giovanni Battista Varesco
編曲者
フィリップ・ウィルビー Philip Wilby
アーティスト
ヴィクトリア・ヴァシリェンコ Victoria Vassilenko , イリス・ファン・ウェイネン Iris van Wijnen , カスパール・ツェーンダー Kaspar Zehnder , ビール・ソロトゥルン交響楽団 Biel Solothurn Symphony Orchestra , フランク・ブラレイ Frank Braley , ウラディスラヴァ・ルチェンコ Vladyslava Luchenko , ルイ・ロルティ Louis Lortie

モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 K. 365 /どうしてあなたを忘れられよう K. 505/ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 K. Anh. 56/315f (エリザベート王妃音楽大学ライヴ)(ロルティ/ツェーンダー)

MOZART, W.A.: Concerto for 2 Pianos, K. 365 / Ch'io mi scordi di te …, K. 505 / Concerto for Violin and Piano, K. Anh. 56/315f (Lortie, Zehnder)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FUG766

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
2台のピアノのための協奏曲(第10番) 変ホ長調 K. 365

Concerto for 2 Pianos in E-Flat Major, K. 365

録音: 20 March 2019 / 11 March 2020, Live recording, Bienne, Palais des Congrès, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8278941
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
どうしてあなたを忘れられよう K. 505
4.

Ch'io mi scordi di te … Non temer, amato bene, K. 505

録音: 20 March 2019 / 11 March 2020, Live recording, Bienne, Palais des Congrès, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8278942
 
**:**
ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 ニ長調 K. Anh. 56/315f (編曲:P. ウィルビー)

Concerto for Violin and Piano in D Major, K. Anh. 56/315f (arr. P. Wilby for violin, piano and orchestra)

録音: 20 March 2019 / 11 March 2020, Live recording, Bienne, Palais des Congrès, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8278943
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
6.

-

**:**
»  III. Allegretto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/09/01
エリザベート王妃音楽大学主催の公演より、同校で教鞭をとるロルティと、ブラレイなどエリーザベト王妃国際音楽コンクール成績優秀者によるモーツァルトを集めたアルバム。ソリストを2人必要とする作品が集められているのが特徴です。ロルティの滑らかで美しいピアノがたっぷり聴けるのが嬉しいところ。演奏会用アリアでソロを取るウェイネンは、メゾながらソプラノ音域もこなします。第1楽章の途中までしか書かれなかったヴァイオリンとピアノのための協奏曲は、ウィルビーによるヴァイオリン・ソナタK. 306を流用した定評の完成版を使用しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。