ホーム > アルバム > FUG770 ペルトマー/フラーニェ/ペルコラ:aer~大気(ペルトマー/フラーニェ/ペルコラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG770
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン Hildegard of Bingen, , 不詳 Anonymous , ハーマン・フラーニェ Harmen Fraanje , ミッコ・ペルコラ Mikko Perkola , アイノ・ペルトマー Aino Peltomaa , ペロタン Pérotin,
作詞家
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン Hildegard of Bingen, , 不詳 Anonymous , ペロタン Pérotin,
編曲者
ハーマン・フラーニェ Harmen Fraanje , ミッコ・ペルコラ Mikko Perkola , アイノ・ペルトマー Aino Peltomaa
アーティスト
ハーマン・フラーニェ Harmen Fraanje , ミッコ・ペルコラ Mikko Perkola , アイノ・ペルトマー Aino Peltomaa

ペルトマー/フラーニェ/ペルコラ:aer~大気(ペルトマー/フラーニェ/ペルコラ)

PELTOMAA, A. / FRAANJE, H. / PERKOLA, M.: Ær (Peltomaa, Fraanje, Perkola)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FUG770

全トラック選択/解除

アイノ・ペルトマー - Aino Peltomaa / ハーマン・フラーニェ - Harmen Fraanje (1976-) / ミッコ・ペルコラ - Mikko Perkola

**:**
孤立
1.

Unum

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8438266

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
おお、智慧の力よ(編曲:H. フラーニェ、A. ペルトマー、M. ペルコラ)
2.

O Virtus Sapientie (arr. H. Fraanje, A. Peltomaa and M. Perkola)

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440908

ペロタン - Pérotin, (1180-1225)

**:**
祝せられた胎よ(編曲:H. フラーニェ、A. ペルトマー、M. ペルコラ)
3.

Beata Viscera (arr. H. Fraanje, A. Peltomaa and M. Perkola)

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440909

不詳 - Anonymous

**:**
誰が与えてくださるのだろうか(ウェルガス写本、14世紀)(編曲:H. フラーニェ、A. ペルトマー、M. ペルコラ)
4.

Quis dabit [Codex Las Huelgas, 14th Century] (arr. H. Fraanje, A. Peltomaa and M. Perkola)

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440910
 
**:**
わたしは異国にいて(ピエ・カンツィオーネス、16世紀)(編曲:H. フラーニェ、A. ペルトマー、M. ペルコラ)
5.

Sum in Aliena [Piae Cantiones, 16th century] (arr. H. Fraanje, A. Peltomaa and M. Perkola)

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440911

アイノ・ペルトマー - Aino Peltomaa / ハーマン・フラーニェ - Harmen Fraanje (1976-) / ミッコ・ペルコラ - Mikko Perkola

**:**
6.

Rain

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440912

不詳 - Anonymous

**:**
全天の皇后よ(モンセラートの朱い写本、14世紀)(編曲:H. フラーニェ、A. ペルトマー、M. ペルコラ)
7.

Polorum Regina [Llibre Vermell de Montserrat, 14th century] (arr. H. Fraanje, A. Peltomaa and M. Perkola)

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440913

アイノ・ペルトマー - Aino Peltomaa

**:**
大気
8.

ÆR

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440914

アイノ・ペルトマー - Aino Peltomaa / ハーマン・フラーニェ - Harmen Fraanje (1976-) / ミッコ・ペルコラ - Mikko Perkola

**:**
9.

Via

録音: 13-14 November 2019, St. Lawrence Chapel, Vantaa, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8440915
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/10/01
【楽器と時空を超えた、現代と古楽のアンビエントな交錯】中世にもキリスト教の流入がやや遅れて進んだバルト海周辺国のなかでもフィンランドは、ゲルマン系の北欧神話とは違った文化背景を持ち、スウェーデン領時代とロシア領時代に複雑な歴史をたどった国。ジャズが早くから定着し、前衛音楽でもユニークな活況が続くこの国にあって、古楽や古楽器に独特なスタイルでコミットしてきたのが、このアルバムのトリオ・ペルトマー・フラーニェ・ペルコラです。中心にいるのはオランダ出身で北欧のプレイヤーとも共演が多く、ECMやWinter&Winterのような越境系レーベルでも活躍してきた作曲家=ピアニスト、ハルメン・フラーニェ。コンチェルト・パラティーノやファンタズムといった欧州最前線の古楽アンサンブルに活動拠点をもつガンバ奏者ミッコ・ペルコラ、現代・ジャズ・即興にも強い中世音楽歌手アイノ・ペルトマーらと手を携え、プリペアードを含む現代ピアノの響きがいかに古楽器のオーガニックな感触や古楽歌唱と相性がよいものだったか、驚かされる聴覚体験を提供してくれます。ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(ビンゲンの聖女ヒルデガルト)や『モンセラートの“朱い本”』など中世音楽のレパートリーがアンビエントな響きのなか本質的な姿を失わず、楽器の素材感が心地よく伝わる音使いで構成されたオリジナル楽曲と不思議な共存をみせるプログラムは、このうえなく味わい深いもの。尖鋭的に捉え過ぎず自然体で新鮮な響きを体現してしまう、北欧最前線の古楽/現代の越境に心そそられる一枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。