ホーム > アルバム > FUG824 ファラン:交響曲第3番/シューマン:交響曲第3番「ライン」(南オランダ・フィル/ウォード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG824
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann , ルイーズ・ファランク Louise Farrenc
アーティスト
ダンカン・ウォード Duncan Ward , 南オランダ・フィルハーモニー管弦楽団 Philzuid

ファラン:交響曲第3番/シューマン:交響曲第3番「ライン」(南オランダ・フィル/ウォード)

FARRENC, L.: Symphony No. 3 / SCHUMANN, R.: Symphony No. 3, "Rhenish" (Philzuid, Ward)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FUG824

全トラック選択/解除

ルイーズ・ファランク - Louise Farrenc (1804-1875)

**:**
交響曲第3番 ト短調 Op. 36

Symphony No. 3 in G Minor, Op. 36

録音: 4-5 November 2022 / 25-26, 28 May 2023, Live recordng, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10546452
**:**
»  I. Adagio - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
交響曲第3番 変ホ長調「ライン」 Op. 97

Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 97, "Rhenish"

録音: 4-5 November 2022 / 25-26, 28 May 2023, Live recordng, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10546453
**:**
»  I. Lebhaft
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Sehr mäßig
6.

-

**:**
»  III. Nicht schnell
7.

-

**:**
»  IV. Feierlich
8.

-

**:**
»  V. Lebhaft
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2024/01/01
【ルイーズ・ファランクとロベルト・シューマン、2人の傑作交響曲をカップリング】19世紀のパリで、ピアニストとして作曲家として指導者として、当時の女性としては異例の活躍をみせたルイーズ・ファランク。彼女の残した交響曲の最高傑作とされる第3番と、彼女を高く評価していたシューマンのやはり最高傑作とされる第3番をカップリングした興味深いアルバム。フランスにありながらドイツ・オーストリア系の古典派ロマン派の影響を強く受け、堅固な構造と美しさをもつファランクの交響曲。高い演奏技術と深い読み込みにより、その真価を明らかにしています。シューマンもたいへん立派な演奏。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。