ホーム > アルバム > FUG825 天国と地獄の間で~ブノワ:オラトリオと管弦楽付き合唱曲集(オランダ放送大合唱団/ラウレンス・コレギウム/ナミュール室内合唱団/アントワープ響)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG825
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
ペーテル・ブノワ Peter Benoit
作詞家
エマニュエル・イオー Emmanuel Hieaux , 不詳 Anonymous , Jan Van Beers
アーティスト
レナーテ・アーレンス Renate Arends , アントワープ交響楽団 Antwerp Symphony Orchestra , ヴァールラント少女合唱団 Meisjeskoor Waelrant , ヴァールラント少年合唱団 Waelrant Kinderkoor , オクトプス交響合唱団 Octopus Symphonic Choir , オクトプス室内合唱団 Octopus Kamerkoor , オペラ・バレエ・フランダース児童合唱団 Opera Ballet Flanders Children's Choir , オランダ放送大合唱団 Groot Omroepkoor , アルヴァーロ・ザンブラーノ Alvaro Zambrano , ジャック・ファン・ステーン Jac van Steen , イヴ・サーレンス Yves Saelens , エド・デ・ワールト Edo de Waart , ナミュール室内合唱団 Namur Chamber Choir , マリア・フィセリエール Maria Fiselier , マーティン・ブラビンズ Martyn Brabbins , ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド Jan Willem de Vriend , ヴェルネル・ファン・メヘレン Werner van Mechelen , アンドレ・モルシュ André Morsch , マルセル・ライヤンス Marcel Reijans , ラウレンス・コレギウム Laurens Collegium , バルト・ファン・レイン Bart van Reyn

天国と地獄の間で~ブノワ:オラトリオと管弦楽付き合唱曲集(オランダ放送大合唱団/ラウレンス・コレギウム/ナミュール室内合唱団/アントワープ響)

BENOIT, P.: Kerstmis / Lucifer / Te Deum (Heaven and Hell) (Groot Omroepkoor, Laurens Collegium, Namur Chamber Choir, Antwerp Symphony)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/FUG825

全トラック選択/解除

Disc 1

ペーテル・ブノワ - Peter Benoit (1834-1901)

**:**
オラトリオ「戦争」

De oorlog

録音: 25-26 November 2022, Live recording, Queen Elisabeth Hall, Antwerp / AVROTROS Vrijdagconcert, TivoliVredenburg, Utrecht, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10461165
**:**
»  Part I: Natuurontwaking; Aanroeping tot de Lente
1.

-

**:**
»  Part I: Geestdriftige begroeting der Lente
2.

-

**:**
»  Part I: De Mensch als koning der natuur
3.

-

**:**
»  Part I: Geesten der Duisterni
4.

-

**:**
»  Part II A: Oproep van de Geest der Duisternis
5.

-

**:**
»  Part II A: Gedempte oorlogsgeruchten
6.

-

**:**
»  Part II A: Krijgstrompetten
7.

-

**:**
»  Part II A: Krijgersgezang
8.

-

**:**
»  Part II A: Sarcastisch gejubel van de Spotgeest
9.

-

**:**
»  Part II A: Helsche ronde
10.

-

**:**
»  Part II B: Opdaging der legerscharen
11.

-

**:**
»  Part II B: De slag is begonnen
12.

-

**:**
»  Part II B: Gejuich der overwinnaars
13.

-

**:**
»  Part II B: Priesterszang in de tempel
14.

-

**:**
»  Part II B: Stoet der overwinnaars
15.

-

**:**
»  Part II B: Te Deum in de tempel
16.

-

Disc 2

ペーテル・ブノワ - Peter Benoit (1834-1901)

**:**
オラトリオ「戦争」

De oorlog

録音: 25-26 November 2022, Live recording, Queen Elisabeth Hall, Antwerp / AVROTROS Vrijdagconcert, TivoliVredenburg, Utrecht, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10461165
**:**
»  Part III: Nacht, troostvolle zang des Doods
1.

-

**:**
»  Part III: Verhaal van de Spotgeest
2.

-

**:**
»  Part III: Verhaal van een Gewonde
3.

-

**:**
»  Part III: Dramatisch verhaal der Moeder
4.

-

**:**
»  Part III: Weeklachten van de tweede Gewonde
5.

-

**:**
»  Part III: Tweezang van de Moeder en de Gewonde
6.

-

**:**
»  Part III: Sarcastisch verhaal van de Spotgeest
7.

-

**:**
»  Part III: Zegevierend verhaal
8.

-

**:**
»  Part III: Weeklachten en verzuchtingen
9.

-

**:**
»  Part III: Hoopvol gezang
10.

-

**:**
»  Part III: Vertwijfeling der Menschheid
11.

-

**:**
»  Part III: Priestergezang
12.

-

**:**
»  Part III: Zalvende zang der toekomst
13.

-

**:**
»  Part III: Visioen van de Vrede
14.

-

Disc 3

ペーテル・ブノワ - Peter Benoit (1834-1901)

**:**
オラトリオ「ルシフェル」

Lucifer

録音: 25 February 2017, Live recording, Queen Elisabeth Hall, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10466280
**:**
»  Part I
1.

-

**:**
»  Part II
2.

-

**:**
»  Part III
3.

-

Disc 4

ペーテル・ブノワ - Peter Benoit (1834-1901)

**:**
クリスマス・ミサ
1.

Kerstmis

録音: 22 December 2017, Live recording, St. Charles Borromeo Church, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10466281
 
**:**
盛儀ミサ(ミサ・ソレムニス)

Hoogmis, "Messe Solennelle"

録音: 16 and 18 June 2016, Live recording, Cathedral of Our Lady, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10466282
**:**
»  Kyrie
2.

-

**:**
»  Gloria
3.

-

**:**
»  Credo
4.

-

**:**
»  Sanctus
5.

-

**:**
»  Benedictus
6.

-

**:**
»  Agnus Dei
7.

-

Disc 5

ペーテル・ブノワ - Peter Benoit (1834-1901)

**:**
テ・デウム
1.

Te Deum

録音: 16 and 18 June 2016, Live recording, Cathedral of Our Lady, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10466283
 
**:**
レクイエム

Requiem

録音: 18 and 20 June 2015, Live recording, Cathedral of Our Lady, Antwerp, Belguim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10466284
**:**
»  Requiem aeternam
2.

-

**:**
»  Dies irae
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  Benedictus
5.

-

**:**
»  Agnus Dei
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
【ベルギー19世紀を代表する巨匠の大作群を充実の演奏陣で!】後にフランスに帰化したフランクと並び、19世紀ベルギーを代表する作曲家の一人ペーテル・ブノワの大作合唱曲を、同国放送局の企画で実現した充実演奏陣によるライヴ音源で体系的に聴ける5枚組。フランス語話者とオランダ語話者が拮抗するベルギーは、1830年に独立国家となる直前までオランダ領だった反動もあり、第二次大戦頃まで知識人社会ではフランス語が中心でしたが、国土の北半分を占めるフランダース圏では大半の住民の母語がオランダ語(現地呼称に寄せて「フラマン語」とも呼ばれますがオランダとの言語差は英米の英語程度)で、フランス語中心の文化への反発と母語文化運動が活発でした。ブラームスやサン=サーンスと同世代のブノワはその時代の寵児で、ブリュッセル音楽院でフランス語話者の大家フェティスに師事したのち諸外国で研鑽を重ね、帰国後『荘厳ミサ曲』の成功により注目を集めます。その後、市民オーケストラや市民合唱が盛んだった世情のなか、オランダ語による大作合唱曲やオラトリオを続々発表してフランダースの人々の絶大な支持を集め、20世紀以降もベルギー国民音楽の旗手として敬愛され続けてきました。オランダで学んだ川口成彦も昨今は歴史的楽器でそのピアノ曲を積極的に紹介していますが、このアルバムにはブラビンズ、デ・ワールト、デ・フリーントら新旧世代の錚々たる指揮者たちのタクトのもと、多くが初録音となる重要作群を収録しています。アントワープ交響楽団(旧称ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団)やオランダ放送合唱団、ナミュール室内合唱団など頼もしい演奏団体が素晴らしい演奏で深い解釈を聴かせ、ブノワの大作の真価を強くアピール。聴くべきロマン派時代の作曲家であることを実感させてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。