ホーム > アルバム > GP639 シルヴェストロフ:ピアノ作品集 - ナイーブ・ミュージック/2つのワルツ/2つのバガテル/キッチュ・ムジーク(ブルーミナ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
GP639
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヴァレンティン・シルヴェストロフ Valentin Silvestrov
アーティスト
エリザヴェータ・ブルーミナ Elisaveta Blumina

シルヴェストロフ:ピアノ作品集 - ナイーブ・ミュージック/2つのワルツ/2つのバガテル/キッチュ・ムジーク(ブルーミナ)

SILVESTROV, V.: Piano Music - Naive Music / Der Bote / 2 Waltzes / 4 Pieces / 2 Bagatelles / Kitsch-Musik (Blumina)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP639

全トラック選択/解除

ヴァレンティン・シルヴェストロフ - Valentin Silvestrov (1937-)

**:**
素朴な音楽

Naive Music

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2746899
**:**
»  No. 1. Waltz
1.

-

**:**
»  No. 2. Nocturne
2.

-

**:**
»  No. 3. Fairy Tale
3.

-

**:**
»  No. 4. Idyll
4.

-

**:**
»  No. 5. Nocturne
5.

-

**:**
»  No. 6. Prelude
6.

-

**:**
»  No. 7. Waltz
7.

-

 
**:**
使者(ピアノ版)
8.

Der Bote - 1996 (The Messenger - 1996) (version for piano)

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2747036
 
**:**
2つのワルツ Op. 153

2 Waltzes, Op. 153

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2747037
**:**
»  No. 1. Allegro assai
9.

-

**:**
»  No. 2. Allegretto
10.

-

 
**:**
4つの小品 Op. 2

4 Pieces, Op. 2

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2747038
**:**
»  No. 1. Lullaby: Moderato
11.

-

**:**
»  No. 2. Pastorale: Vivace
12.

-

**:**
»  No. 3. Bagatelle: Moderato
13.

-

**:**
»  No. 4. Postludium: Moderato
14.

-

 
**:**
2つのバガテル Op. 173

2 Bagatelles, Op. 173

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2747039
**:**
»  No. 1. Moderato
15.

-

**:**
»  No. 2. Andantino
16.

-

 
**:**
キッチュ・ムジーク

Kitsch-Musik

録音: 11-13 October 2011, Siemensvilla, Berlin-Lankwitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2747040
**:**
»  I. Allegro vivace
17.

-

**:**
»  II. Moderato
18.

-

**:**
»  III. Allegretto
19.

-

**:**
»  IV. Moderato
20.

-

**:**
»  V. Allegretto
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/03/01
最近になって、クレーメルやリュビーモフを始めとした、熱烈な「シルヴェストロフ・マニア」の尽力もあって、このウクライナの作曲家の極めて繊細な作品が知られるようになってきました。とは言え、彼の作品は本当に繊細であり、また静かな様相を湛えているので、ちょっとでも気持ちを逸らしてしまうと、この音楽の魅力…永続性を切り取った瞬間など…を捉えることは難しいでしょう。このアルバムには世界初録音となる初期の作品(1993年に改編された)である「素朴な音楽…NaiveMusic」は古典的な和声とシューベルトにも似た清明な旋律で書かれていますが、このメロディに聞き惚れていると、ふと隣に横たわる"深い闇"と"沈黙の世界"に気が付く瞬間が訪れるはず。彼の名を高めた「使者」はロシアの哲学者ドゥルスキンのテキストにインスパイアされたものですが、ここではモーツァルト風のメロディを媒体とし、音色の変化、テンポ、これらはが一体となり、聴き手は現世界と空蝉の世界を体感するのです。
レビュアー: はやしひろし 投稿日:2013/04/01
シルヴェストロフはウクライナの現代の作曲家で、私が最も好きな作曲家のひとりです。 彼のピアノ作品だけで構成されたアルバムはジェニー・リン(http://ml.naxos.jp/album/CD98.229)以来、2枚目ではないでしょうか? シルヴェストロフの、とことんまでに美しい作品がこうして世界のピアニストに少しづつ認知されてきていることは、とても嬉しいことです。 シルヴェストロフのピアノ曲は、ただひたすらに静かで、控えめで、美しい。その点、いわゆるニューエイジミュージック、ヒーリング音楽のように聴こえるかもしれませんが、それらとは一線を画した高い音楽性を持っています。しかしながら、ゲンダイオンガクのように難解でもありません。 以前、ジェニー・リンのCDを「まるで「冬ソナ」、癒し系ピアノ曲集」と評した某ショップがありましたが、当たらずとも遠からず。 ドヴュッシーやモンポウ、サティではなく、はたまたペルトやフェルドマンとも違う、ひたすらに人恋しい優しさと暖かな眼差しに満ち溢れたこんなにも美しい音楽を、私は他に知りません。 特にピアニストの方に知っていただきたい、弾いていただきたい作曲家です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。