ホーム > アルバム > GP640 フロンメル:ピアノ・ソナタ第4番 - 第7番(ブローメ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GP640
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ゲルハルト・フロンメル Gerhard Frommel
アーティスト
タチアーナ・ブローメ Tatjana Blome

フロンメル:ピアノ・ソナタ第4番 - 第7番(ブローメ)

FROMMEL, G.: Piano Sonatas Nos. 4-7 (Blome)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP640

全トラック選択/解除

ゲルハルト・フロンメル - Gerhard Frommel (1906-1984)

**:**
ピアノ・ソナタ第4番 ホ長調 Op. 21

Piano Sonata No. 4 in F Major, Op. 21

録音: 6-8 December 2013, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4562575
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Tempo di Siciliano
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第5番 変ホ長調 Op. 35
4.

Piano Sonata No. 5 in E-Flat Major, Op. 35

録音: 6-8 December 2013, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4608269
 
**:**
ピアノ・ソナタ第6番 変ロ長調

Piano Sonata No. 6 in B-Flat Major

録音: 6-8 December 2013, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4608270
**:**
»  I. Allegro molto, sempre un poco rubato
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Rondo (nach der Funftonskala): Allegro
7.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調

Piano Sonata No. 7 in C Major

録音: 6-8 December 2013, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4608271
**:**
»  I. Allegro non troppo, alla breve
8.

-

**:**
»  II. Larghetto, tempo rubato
9.

-

**:**
»  III. Allegro
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/02/01
1906年、カールスルーエで生まれたゲルハルト・フロンメル(1906-1984)のピアノ・ソナタ集の第2集です。彼は1926年から1928年にヘルマン・グラプナーに音楽を学び、同時にハンス・プフィッツナーのマスター・クラスにも出席し、シュトゥットガルトの大学では作曲科の教授を務めました。生涯に渡って調性音楽を愛していましたが、時代は十二音技法から無調へと流れたため、ついに完全に忘れられた存在となってしまいます。その後、ドイツでファシストとみなされ1984年に寂しく生涯を閉じることとなりました。7曲ある彼のソナタは、どれもが彼の折々の心情を反映させた「自伝的な作品」であるとされています。この4つのソナタの作曲年代は1943年から1966年で、微妙な作風の変化も感じられる面白いものです。ホ長調の調性が付された第4番は一見ロマン派風の佇まいを持っていて、フォーレ的な流麗さも備えています。第5番は1951年に書かれ、1982年に改編されています。単一楽章のシンプルな構成は第3番とも似ています。穏やかな性格を備えた第6番、古典的な3楽章形式の第7番と、どれも特徴的で面白い作品です。12歳でスタインウェイ・コンクールで第1位を獲得した才能あるピアニスト、タチアーナ・ブローメによる演奏です。 【第1集…GP606】

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。