ホーム > アルバム > GP676 グヴィ:4手ピアノのためのソナタ集 Op. 36, 49, 51 (ナウモフ/Yau Cheng)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GP676
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ルイ・テオドール・グヴィ Louis Theodore Gouvy
アーティスト
エミール・ナウモフ Emile Naoumoff , Yau Cheng

グヴィ:4手ピアノのためのソナタ集 Op. 36, 49, 51 (ナウモフ/Yau Cheng)

GOUVY, L.T.: Sonatas for Piano 4 Hands, Opp. 36, 49 and 51 (Naoumoff, Yau Cheng)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP676

全トラック選択/解除

ルイ・テオドール・グヴィ - Louis Theodore Gouvy (1819-1898)

**:**
4手ピアノのためのソナタ ニ短調 Op. 36

Sonata for Piano 4 Hands in D Minor, Op. 36

録音: 16-20 December 2013, Auer Hall, Indiana University Jacobs School of Music, Bloomington, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863949
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegretto -
3.

-

**:**
»  IV. Epilogue: Moderato assai quasi larghetto
4.

-

 
**:**
4手ピアノのためのソナタ ハ短調 Op. 49

Sonata for Piano 4 Hands in C Minor, Op. 49

録音: 16-20 December 2013, Auer Hall, Indiana University Jacobs School of Music, Bloomington, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863952
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Larghetto
6.

-

**:**
»  III. Minuetto: Moderato
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace
8.

-

 
**:**
4手ピアノのためのソナタ ヘ長調 Op. 51

Sonata for Piano 4 Hands in F Major, Op. 51

録音: 16-20 December 2013, Auer Hall, Indiana University Jacobs School of Music, Bloomington, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863953
**:**
»  I. Allegro con brio
9.

-

**:**
»  II. Andantino scherzoso
10.

-

**:**
»  III. Allegro risoluto
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
19世紀フランスの作曲家テオドール・グヴィ(1819-1898)。しかし彼が生まれた頃、生地はドイツとフランスの係争地帯に属していたため、フランス国籍を取得できず、希望していたパリ音楽院に進学することができませんでした。結局ドイツで個人的に勉強を続け、そのまま作曲家として活動を始めたのですが、その作風も、ドイツ風とフランス風の中庸であり、没後はそのまま忘れられてしまったという人です。そんな彼の作品は交響曲をはじめ、声楽曲、そして器楽曲など多岐にわたりますが、そのピアノ曲の多くは4手のために書かれています。1860年台に書かれたこの3つのソナタは、エレガントな風情を持つもので、フランスに憧れたグヴィといえども、作品にはシューベルトやシューマンの影響が現れているようです。すっかり忘れられてしまった作曲家ですが、これらの作品には紛れない独創性が感じられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。