ホーム > アルバム > GP681 マチェク:ピアノ作品全集/ヴァイオリン・ソナタ(マッツォン/フィリペツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GP681
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
イーヴォ・マチェク Ivo Maček
アーティスト
ゴラン・フィリペツ Goran Filipec , シルヴィア・マッツォン Silvia Mazzon

マチェク:ピアノ作品全集/ヴァイオリン・ソナタ(マッツォン/フィリペツ)

MAČEK, I.: Piano Music (Complete) / Violin Sonata (Mazzon, Filipec)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP681

全トラック選択/解除

イーヴォ・マチェク - Ivo Maček (1914-2002)

**:**
ソナチネ

Piano Sonatina

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3737963
**:**
»  I. Animato
1.

-

**:**
»  II. Amabile
2.

-

**:**
»  III. Vivo e giocoso
3.

-

 
**:**
主題と変奏
4.

Theme and Variations

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863943
 
**:**
即興曲
5.

Improvisation

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863944
 
**:**
間奏曲
6.

Intermezzo

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863945
 
**:**
前奏曲とトッカータ

Prelude and Toccata

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863946
**:**
»  Prelude
7.

-

**:**
»  Toccata
8.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ

Piano Sonata

録音: 28 October 2013, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863947
**:**
»  I. Maestoso ma con moto
9.

-

**:**
»  II. Comodo: Allegro vivace
10.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ

Violin Sonata

録音: 28 March 2014, Fazioli Concert Hall, Sacile, Pordenone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863948
**:**
»  I. Con moto
11.

-

**:**
»  II. Allegro deciso
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
イーヴォ・マチェク(1914-2002)はユーゴスラビア出身の作曲家。現在ではほとんど名前を聞くこともありませんが、20世紀のユーゴスラビアにおいて、重要な位置を占める音楽家でした。彼はザグレブの音楽アカデミーで学び、ピアニストとして名声を得ました。数々の演奏家とデュオを組み、多くの生徒を教えています。彼の作品、例えば「ピアノのためのソナチネ」を聴いてみると、一瞬「フランスの印象派」に似た響きが感じられますが、曲が進むにつれ、和声感は希薄になり、しなやかさを増していきます。彼の作品の中でも初期の時代に属する「主題と変奏」と、後期に属するピアノ・ソナタを比べてみると、逆にソナタの方が洗練された美しさを放っていることに気がつくかもしれません。ピアノのための作品は数えるほどしかなく、このアルバムに収録されらものが全てです。そのために余白にヴァイオリン・ソナタが収録されていますが、こちらがまたフォーレを発展させたかのような、流麗な美しさを持つ音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。