ホーム > アルバム > GP683 ゴダール:ピアノ作品集 1 (レイエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GP683
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
バンジャマン・ゴダール Benjamin Godard
アーティスト
エリアンヌ・レイエ Eliane Reyes

ゴダール:ピアノ作品集 1 (レイエ)

GODARD, B.: Piano Works, Vol. 1 (E. Reyes)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP683

全トラック選択/解除

バンジャマン・ゴダール - Benjamin Godard (1849-1895)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 Op. 94

Piano Sonata No. 2, Op. 94

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190402
**:**
»  I. Allegro con moto ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Quasi adagio, molto tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Scherzo-Final: Allegro non troppo
3.

-

 
**:**
幻想的ソナタ Op. 63

Sonate Fantastique, Op. 63

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190403
**:**
»  I. Les Genies de la Foret: Allegro vivace
4.

-

**:**
»  II. Les Farfadets: Scherzo, vivace ma non troppo
5.

-

**:**
»  III. La Fee d'Amour: Quasi adagio
6.

-

**:**
»  IV. Les Esprits de la Mer: Allegro vivace
7.

-

 
**:**
海辺の散歩 Op. 86
8.

Promenade en Mer, Op. 86

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190404
 
**:**
海の上で Op. 44
9.

Sur la Mer, Op. 44

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190405
 
**:**
朝 Op. 83
10.

Au Matin, Op. 83

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190406
 
**:**
コント・ドゥ・フェ Op. 62
11.

Conte de Fee, Op. 62

録音: 31 January and 26 April 2014, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4190407
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/10/01
19世紀フランスで活躍したバンジャマン・ゴダール(1849-1895)。数多くの作品を残した彼は、実はオペラ作曲家として大成することを夢見ていたのですが、結局残っているのはオペラ「ジョスラン」の中の「子守歌」のみ。その他の作品は彼の死後、すぐに忘れられてしまいました。最近になって、ようやくヴァイオリン協奏曲の美しさが知られるようになったという、まだまだ開拓の余地のある作曲家なのです。そんな彼のピアノ曲こそ、実は本領が発揮されているものと言えるでしょう。「ゴダール=サロン風の易しい音楽を書いた作曲家」として認識していた人は、ここに収録された2曲のピアノ・ソナタを聴くと驚いてしまうはず。ここには技術的にも音楽的にも一切の妥協のない厳しい精神が漲っています。様々な表情を持つゴダールのピアノ曲、このシリーズの進行が楽しみです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。