ホーム > アルバム > GP745 グラス:グラスワールド 5 - マッド・ラッシュ/メタモルフォーシスII/600ライン(ホルヴァート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GP745
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フィリップ・グラス Philip Glass , ポール・サイモン Paul Simon
編曲者
フィリップ・グラス Philip Glass
アーティスト
ニコラス・ホルヴァート Nicolas Horvath

グラス:グラスワールド 5 - マッド・ラッシュ/メタモルフォーシスII/600ライン(ホルヴァート)

GLASS, P.: Glassworlds, Vol. 5 - Mad Rush / Metamorphosis II / 600 Lines (Enlightenment) (Horvath)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP745

全トラック選択/解除

フィリップ・グラス - Philip Glass (1937-)

**:**
マッド・ラッシュ
1.

Mad Rush

録音: 26 March 2014, Temple Saint Marcel, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4931318
 
**:**
メタモルフォーシスII (改訂版)
2.

Metamorphosis II (revised version)

録音: 26 March 2014, Temple Saint Marcel, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5112009
 
**:**
600ライン
3.

600 Lines

録音: 26 March 2014, Temple Saint Marcel, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5112010

ポール・サイモン - Paul Simon (1941-)

**:**
サウンド・オブ・サイレンス(P. グラスによるピアノ編)
4.

The Sound of Silence (arr. P. Glass for piano)

録音: 31 March 2014, Temple Saint Marcel, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5112011
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/08/01
GRAND PIANOの「フィリップ・グラス」シリーズの第5集は、4曲の異なる雰囲気を持った作品で構成されています。もともとオルガンのために作曲された《マッド・ラッシュ》は1981年に行われたダライ・ラマの演説の際に、グラス自身がオルガンを演奏し初演された作品で、特有の短いフレーズが延々と反復されながら少しずつ形を変えていく魅惑的な音楽です。まるで海の波が永遠に繰り返し岸に打ち寄せるように、時には荒々しさを魅せながらも、その永久に持続するかのような音の動きに吸い込まれそうになるでしょう。それに比べ《600ラインズ》は同じ反復運動でも、偏執的なトッカータ。数々の変形ヴァージョンが存在する《メタモルフォーシス》の中の一つの形態である「TWO」、そして2007年5月23日の米国議会図書館主宰の第1回「ガーシュウイン賞」がポール・サイモンに授与された際、演奏されたグラス編の「サウンド・オブ・サイレンス」で、こちらは原曲を尊重しながらも、グラスらしいアレンジが施されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。