ホーム > アルバム > GP781 エスポージト:ピアノ協奏曲第1番「ファンタスティコ」/ピアノ・ソナタ第1番/インディゴ・ミラージュ(エスポージト/デリア/カストリニャーノ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
GP781
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ロベルト・エスポージト Roberto Esposito
アーティスト
ロベルト・エスポージト Roberto Esposito , エリセオ・カストリニャーノ Eliseo Castrignanò , ミケーレ・デリア Michele D'Elia , ブダペスト・スコアリング交響楽団 Budapest Scoring Symphonic Orchestra , Budapest Scoring Symphonic Orchestra, string section

エスポージト:ピアノ協奏曲第1番「ファンタスティコ」/ピアノ・ソナタ第1番/インディゴ・ミラージュ(エスポージト/デリア/カストリニャーノ)

ESPOSITO, R.: Piano Concerto No. 1, "Fantastico" / Piano Sonata No. 1 / Indigo Mirage (Esposito, D'Elia, Castrignanò)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/GP781

全トラック選択/解除

ロベルト・エスポージト - Roberto Esposito (1984-)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 「ファンタスティコ」 Op. 8

Piano Concerto No. 1, Op. 8, "Fantastico"

録音: 21 February 2017, Studio 22, Magyar Radio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6407522
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio ironico
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第1番 変ロ長調 Op. 10

Piano Sonata No. 1 in B-Flat Minor, Op. 10

録音: 6 March 2017, Mauro Esposito Studio, Tricase, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6407523
**:**
»  I. Inquieto
4.

-

**:**
»  II. Ballad
5.

-

**:**
»  III. Bàrbaro
6.

-

 
**:**
インディゴ・ミラージュ
7.

Indigo Mirage

録音: 21 February 2017, Studio 22, Magyar Radio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6407524
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/04/01
「ベートーヴェンからガーシュウィンまで様々なレパートリーに完全に直面できる最高レベルの音楽性を持つピアニスト」とイタリアの批評家に賞賛されたロベルト・エスポージトの作品集。イタリア南東部の街トリカーゼで生まれたエスポージトは、アリゴ・ボイト音楽院で学び、ハンガリーとボストンに留学。その後はイタリアに戻り、ピアノ曲のレパートリー拡大に努めています。2014年に発売されたファースト・アルバム「The Decades」はイタリアの民族音楽と即興的なジャズが組み合わされた10曲の小品で構成されていましたが、今回のアルバムでは、エスポージト渾身の作品である「ピアノ協奏曲」がメインの収録曲となっています。19世紀から20世紀にかけてのロマンティックな様式に基づくピアノ協奏曲は、彼の心に最も近いイディオムであるジャズと民族音楽の要素が取り入れられており、古典的でありながらも斬新なスタイルを持っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。