ホーム > アルバム > Gramola98900 モーツァルト:ピアノ作品集(バドゥラ=スコダ/デームス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Gramola98900
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
マクシミリアン・シュタートラー Maximillian Stadler
アーティスト
イェルク・デームス Jörg Demus , パウル・バドゥラ=スコダ Paul Badura-Skoda

モーツァルト:ピアノ作品集(バドゥラ=スコダ/デームス)

MOZART, W.A.: Piano Music (Badura-Skoda and Demus Play Mozart) (Badura-Skoda, Demus)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Gramola98900

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K. 448

Sonata for 2 Pianos in D Major, K. 448

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750542
**:**
»  I. Allegro con spirito
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Molto allegro
3.

-

 
**:**
アンダンテと5つの変奏 ト長調 K. 501
4.

5 Variations in G Major for Piano Duet, K. 501

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750543
 
**:**
幻想曲 ハ短調 K. 396
5.

Fantasia in C Minor, K. 396

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750544
 
**:**
幻想曲 ニ短調 K. 397
6.

Fantasia in D Minor, K. 397

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750545
 
**:**
2台のピアノのラルゲットとアレグロ 変ホ長調 K. deest (M. シュタードラーによる補筆完成版)
7.

Larghetto and Allegro for 2 Pianos in E-Flat Major, K. deest (completed by M. Stadler)

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750546
 
**:**
幻想曲 ハ短調 K. 475
8.

Fantasia in C Minor, K. 475

録音: 24-26 January 2010, Irnberger Foundation, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1750547
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
バドゥラ=スコダとイェルク・デムスの共演によるモーツァルトの「2台ピアノのための作品集」。2007年に録音したシューベルト(GRAM99175)でも素晴らしいデュオを披露していますが、こちらのモーツァルトでもアントン・ヴァルター製の歴史的楽器を2台揃えての見事な演奏を聴かせます。速めのテンポによるK448のソナタでは、時に気持ちが先走るのか、アンサンブルが先へ先へと行ってしまうのも微笑ましさ満点です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。