ホーム > アルバム > Gramola98921 ガル:ヴァイオリン協奏曲/ヴァイオリン・ソナタ(イルンベルガー/シナイスキ/イスラエル室内管/パーテルノストロ)

ガル:ヴァイオリン協奏曲/ヴァイオリン・ソナタ(イルンベルガー/シナイスキ/イスラエル室内管/パーテルノストロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Gramola98921
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ハンス・ガル Hans Gál
アーティスト
イスラエル室内管弦楽団 Israel Chamber Orchestra , トーマス・アルベルトゥス・イルンベルガー Thomas Albertus Irnberger , エフゲニー・シナイスキ Evgueny Sinaiski , ロベルト・パーテルノストロ Roberto Paternostro

ガル:ヴァイオリン協奏曲/ヴァイオリン・ソナタ(イルンベルガー/シナイスキ/イスラエル室内管/パーテルノストロ)

GAL, H.: Violin Concerto / Violin Sonatas (Irnberger, Sinaiski, Israel Chamber Orchestra, Paternostro)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Gramola98921

全トラック選択/解除

ハンス・ガル - Hans Gál (1890-1987)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 Op. 39

Violin Concerto, Op. 39

録音: September 2010, Casino Baumgarten, Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1476025
**:**
»  I. Fantasia
1.

-

**:**
»  II. Arioso
2.

-

**:**
»  III. Rondo
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ 変ロ短調 Op. 17

Violin Sonata in B-Flat Minor, Op. 17

録音: October 2010, Saal Schweighofer, Salzburg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1476026
**:**
»  I. Patetico, molto moderato
4.

-

**:**
»  II. Allegretto un poco agitato - poco sostenuto
5.

-

**:**
»  III. Adagio molto espressivo - animato, quasi andante con moto
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ニ長調

Violin Sonata in D Major

録音: October 2010, Saal Schweighofer, Salzburg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1476027
**:**
»  I. Allegretto quasi andante
7.

-

**:**
»  II. Scherzo
8.

-

**:**
»  III. Largo con espressione - Allegro poco sostenuto, ma con fuoco
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/10/03
オーストリアに生まれ英国エディンバラに没して25年の作曲家ハンス・ガルは指揮者、ピアニストで音楽学者。18才からブラームスの弟子E.マンディチェフスキに師事し、ウィーン後期ロマン派の伝統を受け継ぎました。ウィーン音楽アカデミーで対位法と和声法を、29才からはウィーン大学で楽理を担当。1938年ナチスを逃れてイギリスに移住。55才から20年間エディンバラ大学の教壇に。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
オーストリアで生まれ、ナチスの迫害を受け亡命、イギリスで生涯を終えた作曲家ハンス・ガルのヴァイオリン作品集。若い頃ブラームスから強い影響を受けた彼、その伝統をしっかりと受け継ぎ、決して前衛には手を染めなかったガルの作品は、一時期は忘れられてしまったにもかかわらず、21世紀になって復興の兆しを見せています。このアルバムにはヴァイオリン協奏曲と2曲のヴァイオリン・ソナタを収録。重苦しさが漂う協奏曲、ユーモラスな第2楽章が特徴的なソナタ変ロ短調、軽やかなスケルツォが印象的なソナタニ長調、どれも知られざる作曲家の作風を雄弁に物語っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。