ホーム > アルバム > Gramola99200 マイセダー:ミサ曲 Op. 64/ヴァイオリン協奏曲第2番(ウィーン少年合唱団/ウィーン・ホーフムジークカペレ/クリスティアン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
Gramola99200
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 協奏曲
作曲家
ヨーゼフ・マイセダー Joseph Mayseder
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ウィーン・ホーフムジークカペレ Vienna Hofmusikkapelle , ウィーン少年合唱団 Vienna Boys Choir , トーマス・クリスティアン Thomas Christian

マイセダー:ミサ曲 Op. 64/ヴァイオリン協奏曲第2番(ウィーン少年合唱団/ウィーン・ホーフムジークカペレ/クリスティアン)

MAYSEDER, J.: Mass, Op. 64 / Violin Concerto No. 2 (Vienna Boys Choir, Vienna Hofmusikkapelle, T. Christian)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Gramola99200

全トラック選択/解除

ヨーゼフ・マイセダー - Joseph Mayseder (1789-1863)

**:**
ミサ曲 変ホ長調 Op. 64

Mass in E-Flat Major, Op. 64

録音: 14-16 May 2019, Hofburgkapelle, Hofburg, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7618576
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

**:**
»  Qui tollis
3.

-

**:**
»  Quoniam
4.

-

**:**
»  Credo
5.

-

**:**
»  Et incarnatus
6.

-

**:**
»  Et resurrexit
7.

-

**:**
»  Sanctus
8.

-

**:**
»  Benedictus
9.

-

**:**
»  Agnus Dei
10.

-

**:**
»  Dona nobis
11.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ短調 Op. 26

Violin Concerto No. 2 in E Minor, Op. 26

録音: 31 May and 3 June 2019, Hofburgkapelle, Hofburg, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619639
**:**
»  I. Allegro (cadenza by T. Christian)
12.

-

**:**
»  II. Andante
13.

-

**:**
»  III. Rondo moderato
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
「ビーダーマイアー=小市民文化」の全盛期に活躍したヴァイオリニスト兼作曲家ヨーゼフ・マイセダー。彼は数多くのヴァイオリン曲を含む室内楽作品の作曲家として知られていますが、今回のアルバムには珍しい声楽曲を収録。マイセダーの違った面を知ることができます。このミサ曲は1848年にウィーンの王宮で初演され、以降は、1875年から1935年までの新年に演奏されたため「新年のミサ」というニックネームが与えられており、独唱は用いられておらず、全て合唱で歌われる壮麗な作品です。ここでのヴァイオリニスト・指揮者トーマス・クリスティアンによる世界初録音となる演奏は、ウィーン少年合唱団とウィーン・ホーフムジークカペレ・アンサンブルの男声合唱団をフィーチャーし、忘れられてしまった名作を忠実に再現しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。