ホーム > アルバム > IBS-12015 カスティーリョ/トゥリーナ/アルベニス:ピアノ作品集(ルシオ=ビレガス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
IBS-12015
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
イサーク・アルベニス Isaac Albéniz , マヌエル・カスティーリョ Manuel Castillo , ホアキン・トゥリーナ Joaquín Turina
編曲者
デオダ・ド・セヴラック Déodat de Séverac
アーティスト
クリスティーナ・ルシオ=ビレガス Cristina Lucio-Villegas

カスティーリョ/トゥリーナ/アルベニス:ピアノ作品集(ルシオ=ビレガス)

Piano Recital: Lucio-Villegas, Cristina - CASTILLO, M. / TURINA, J. / ALBÉNIZ, I. (Perpetuum Castillo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-12015

全トラック選択/解除

マヌエル・カスティーリョ - Manuel Castillo (1930-2005)

**:**
組曲
1.

Suite

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077416
 
**:**
ソナチネ

Piano Sonatina

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077495
**:**
»  I. Allegretto
2.

-

**:**
»  II. Adagio
3.

-

**:**
»  III. Finale: Vivace
4.

-

ホアキン・トゥリーナ - Joaquín Turina (1882-1949)

**:**
スペインの女たち 第1集 Op. 17 - 第2曲 情熱的なアンダルシアの女
5.

Mujeres españolas (Spanish Women), Series 1, Op. 17: II. La andaluza sentimental (The Sentimental Girl from Andalucia)

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077496

マヌエル・カスティーリョ - Manuel Castillo (1930-2005)

**:**
オフレンダ
6.

Ofrenda

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077497
 
**:**
パラ・アルトゥール
7.

Para Arthur

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077498

イサーク・アルベニス - Isaac Albéniz (1860-1909)

**:**
ナバーラ(セヴラック補追完成版)
8.

Navarra (fragment, completed by D. de Severac)

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077499
 
**:**
イベリア 第1巻 - 第2曲 港
9.

Iberia, Book 1: II. El Puerto

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077500

マヌエル・カスティーリョ - Manuel Castillo (1930-2005)

**:**
前奏曲、ディファレンシアとトッカータ

Preludio, diferencias y toccata

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077501
**:**
»  Preludio
10.

-

**:**
»  Diferencias
11.

-

**:**
»  Toccata
12.

-

 
**:**
常動曲(無窮動)
13.

Perpetuum

録音: 4,5,8 September 2014, Gestafe Conservatory of Music, Madrid,
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4077502
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
セビリアの作曲家、マヌエル・カスティーリョの没後10年を記念して制作された1枚。カスティーリョはセビリア大聖堂のオルガニスト、ノルベルト・アルマンドスから音楽を学び、その後パリへ留学。ナディア・ブーランジェから教えを受けるとともに、ピアニストとしても活躍し、1956年にはセビリア音楽院のピアノ科の教授になります。1978年からは作曲活動に専念、その作品は、スペインの現代作曲家トマス・マルコからも絶賛されています。このアルバムでは世界初録音を含むカスティーリョ自身の作品とともに、彼が影響を受けたアルベニスやトゥリーナの作品を配し、インスピレーションのルーツを辿っていきます。スペインのルシオ=ビルガスの技巧的な演奏が作品を引き立てています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。