ホーム > アルバム > IBS-122018 マラツ/ペドレル/グラナドス:ピアノ三重奏曲集(トリオ・アルボス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
IBS-122018
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エンリケ・グラナドス Enrique Granados , フェリペ・ペドレル Felipe Pedrell , ホアキン・マラツ Joaquín Malats
アーティスト
トリオ・アルボス Trío Arbós

マラツ/ペドレル/グラナドス:ピアノ三重奏曲集(トリオ・アルボス)

Chamber Music (Piano Trio) - MALATS, J. / PEDRELL, F. / GRANADOS, E. (Spanish Piano Trios) (Trío Arbós)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-122018

全トラック選択/解除

ホアキン・マラツ - Joaquín Malats (1872-1912)

**:**
ピアノ三重奏曲

Piano Trio

録音: 15-17 January 2017, Centro de desarrollo turistico de Motril, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6681603
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Vivace
3.

-

フェリペ・ペドレル - Felipe Pedrell (1841-1922)

**:**
ノクターン-トリオ Op. 55
4.

Nocturne-Trio, Op. 55

録音: 15-17 January 2017, Centro de desarrollo turistico de Motril, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6681604
 
**:**
フォルニのための悲歌
5.

Elegía a Foruny

録音: 15-17 January 2017, Centro de desarrollo turistico de Motril, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6681605

エンリケ・グラナドス - Enrique Granados (1867-1916)

**:**
ピアノ三重奏曲 Op. 50

Piano Trio, Op. 50

録音: 15-17 January 2017, Centro de desarrollo turistico de Motril, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6681606
**:**
»  I. Poco allegro con espressione
6.

-

**:**
»  II. Scherzetto
7.

-

**:**
»  III. Duetto
8.

-

**:**
»  IV. Finale
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
スペイン・ロマン派を生きた3人の作曲家のピアノ三重奏曲集。ペドレルはグラナドスやファリャの教師として知られる作曲家。ローマ留学時代にスペインの古い音楽を知り、トマス・ルイス・デ・ビクトリアの全作品の校訂をしたことでも知られています。憂鬱な雰囲気に彩られた「夜想曲-三重奏曲」が聴きものです。グラナドスの親友マラツの三重奏曲は、自身が優れたピアニストであったこともあり、ピアノ・パートの流麗なパッセージが耳に残ります。第2楽章のゆったりとした旋律が美しく、最終楽章は闊達な動きに終始する華麗な作品です。ほとんど耳にする機会のないグラナドスの三重奏曲は、サロン風の優しい音楽ですが、時折、彼が愛したムーア風やハンガリー風のメロディが聞こえてくるなど、斬新さも盛り込まれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。