ホーム > アルバム > IBS-122019 マルコ/ロドリーゴ/トマス・サバテル/トゥリーナ:チェンバロ作品集(マルケス・チュリリャ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
IBS-122019
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ホアキン・オムス Joaquim Homs , アンヘル・オリベル・ピナ Angel Oliver Pina , ホセ・M・サンチェス=ベルドゥ José María Sánchez-Verdú , ホセ・ルイス・トゥリーナ José Luis Turina , フアン・マリア・トマス・サバテル Juan María Thomas Sabater , トマス・マルコ Tomás Marco , ホアキン・ロドリーゴ Joaquín Rodrigo
アーティスト
シルビア・マルケス・チュリリャ Silvia Márquez Chulilla

マルコ/ロドリーゴ/トマス・サバテル/トゥリーナ:チェンバロ作品集(マルケス・チュリリャ)

Harpsichord Recital: Márquez Chulilla, Silvia - MARCO, T. / RODRIGO, J. / THOMAS SABATER, J.M. / TURINA, J.L. (Herbania)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-122019

全トラック選択/解除

トマス・マルコ - Tomás Marco (1942-)

**:**
エルバニア
1.

Herbania

録音: 30-31 July 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284194

ホアキン・ロドリーゴ - Joaquín Rodrigo (1901-1999)

**:**
リトルネッロ風前奏曲

Preludio y ritornello

録音: 30-31 July 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284195
**:**
»  Preludio
2.

-

**:**
»  Ritornello
3.

-

ホアキン・オムス - Joaquim Homs (1906-2003)

**:**
前奏曲
4.

Preludi

録音: 30-31 July 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284196

ホセ・ルイス・トゥリーナ - José Luis Turina (1952-)

**:**
2つの練習曲

2 Essercizi (2 Exercises)

録音: 30-31 July 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284197
**:**
»  No. 1. Praeludium
5.

-

**:**
»  No. 2. Sonata
6.

-

フアン・マリア・トマス・サバテル - Juan María Thomas Sabater (1896-1966)

**:**
ル・クラヴサン・ヴォヤージュ

Le clavecin voyageur

録音: 30-31 July 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284198
**:**
»  I. From London to New York
7.

-

**:**
»  II. Eisenach
8.

-

**:**
»  III. Petite Pavane à Versailles
9.

-

**:**
»  IV. Liturgie ancienne à Toledo
10.

-

**:**
»  V. Danse castillane du matin
11.

-

アンヘル・オリベル・ピナ - Angel Oliver Pina (1937-2005)

**:**
オフレンダ・ア・マヌエル・デ・ファリャ
12.

Ofrenda a Manuel de Falla

録音: 13-14 October 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284199

ホセ・M・サンチェス=ベルドゥ - José María Sánchez-Verdú (1968-)

**:**
パランプセスト II

Palimpsestes II

録音: 13-14 October 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7284200
**:**
»  I. —
13.

-

**:**
»  II. —
14.

-

**:**
»  III. —
15.

-

**:**
»  IV. —
16.

-

**:**
»  V. —
17.

-

**:**
»  VI. —
18.

-

**:**
»  VII. —
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
一度は廃れたと思われたチェンバロですが、20世紀になって次々と新しい作品が書かれています。カリスマ的な演奏家、ワンダ・ランドフスカに触発されたファリャがチェンバロに目を向け、それに続くかのようにアントワネット・フィッシャーやエリーザベト・ホイナツカのために曲を書く作曲家たちが登場しました。スペインでは、1960年代に初のチェンバロの教授となったヘノべーバ・ガルベスがその道を切り開き。この国の作曲家たちも、楽器が奏でる音色がもたらす古き良き時代への想いに魅了され、楽器の限界にとらわれることなく自由な作品を発表しています。このアルバムには、1952年から96年の間に作曲された2曲の世界初録音を含むスペインの作品が収録されており、どれも、スペインの歴史的な鍵盤楽器のスペシャリスト、シルビア・マルケス・チュリリャがプレイエル社のチェンバロなどを使って演奏した味わい深い音色を楽しめます。現代スペインの鋭敏な感性あふれる、チェンバロの新たな魅力が感じられる1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。