ホーム > アルバム > IBS-172018 グリーディ/イサシ/ラヴィーリャ/ソロサバル:声楽とピアノのための作品集(ウルビエタ=ベガ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
IBS-172018
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アンドレス・イサシ Andres Isasi , アントン・ガルシア・アブリル Antón García Abril , ヘスス・グリーディ Jesús Guridi , パブロ・ソロサバル Pablo Sorozabal , マヌエル・ガルシア・モランテ Manuel Garcia Morante , フェリックス・ラビージャ Felix Lavilla
作詞家
ベルナルド・アトハーガ Bernardo Atxaga , アンドレス・イサシ Andres Isasi , アンジェラ・フィゲラ・エイメリク Angela Figuera Aymerich , ブラス・オテロ Blas Otero , パブロ・ソロサバル Pablo Sorozabal , 不詳 Anonymous , マヌエル・ガルシア・モランテ Manuel Garcia Morante
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ミレン・ウルビエタ=ベガ Miren Urbieta-Vega , ルベン・フェルナンデス・アギーレ Rubén Fernández Aguirre

グリーディ/イサシ/ラヴィーリャ/ソロサバル:声楽とピアノのための作品集(ウルビエタ=ベガ)

Vocal Recital (Soprano): Urbieta-Vega, Miren - GURIDI, J. / ISASI, A. / LAVILLA, F. / SOROZÁBAL, P. (Ametsetan)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-172018

全トラック選択/解除

パブロ・ソロサバル - Pablo Sorozabal (1897-1988)

**:**
7つの歌

7 Lieder

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6976225
**:**
»  No. 1. Ametsetan
1.

-

**:**
»  No. 2. Hotz eta isiltsu
2.

-

**:**
»  No. 3. Eres dagie txilibituak
3.

-

**:**
»  No. 4. Zure Musuan
4.

-

**:**
»  No. 5. Lotoren lorak
5.

-

**:**
»  No. 6. Ez dot sinesten
6.

-

**:**
»  No. 7. Agertu jatan orrila
7.

-

アンドレス・イサシ - Andres Isasi (1890-1940)

**:**
メロディ Op. 75 - 第1曲 En el campo
8.

Melodias, Op. 75: No. 1. En el campo

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987325
 
**:**
ロマンス集 Op. 57 - 第3曲 Balada del Rey de Francia
9.

Recueill de romances, Op. 57: No. 3. Balada del Rey de Francia

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987326
 
**:**
ロマンス集 Op. 49 - 第1曲 Canto a la Virgen
10.

Recueill de romances, Op. 49: No. 1. Canto a la Virgen

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987327
 
**:**
ロマンス集 Op. 48 - 第6曲 Diligencia en el camino
11.

Recueill de romances, Op. 48: No. 6. Diligencia en el camino

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987328

ヘスス・グリーディ - Jesús Guridi (1886-1961)

**:**
10のバスクの旋律(声楽とピアノ編)

10 Melodias vascas (arr. for voice and piano)

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987329
**:**
»  No. 5. Alabatua
12.

-

**:**
»  No. 2. Aritz adarrean
13.

-

**:**
»  No. 7. asiko Naiz
14.

-

**:**
»  No. 6. Ala baita
15.

-

**:**
»  No. 3. Garizuma luzerik
16.

-

**:**
»  No. 8. Zorabiatua naiz
17.

-

**:**
»  No. 4. Jentileri on
18.

-

**:**
»  No. 1. Sant Urbanen Bezpera
19.

-

フェリックス・ラビージャ - Felix Lavilla (1928-)

**:**
4つのバスクの歌

4 Canciones Vascas

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987330
**:**
»  No. 1. Ai Isabel, Isabel!
20.

-

**:**
»  No. 2. Anderegaia
21.

-

**:**
»  No. 3. Loa, loa
22.

-

**:**
»  No. 4. Aldapeko Maria
23.

-

**:**
ロレア
24.

Lorea

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987331
 
**:**
Iturrina goizean
25.
録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987332
 
**:**
Agur, adixquidea
26.
録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987333
 
**:**
Adizan Gabriela
27.
録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987334

アントン・ガルシア・アブリル - Antón García Abril (1933-)

**:**
3つのNombres de mujer

3 Nombres de mujer

録音: 5-8 November 2017, Auditorio Manuel de Falla, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6987335
**:**
»  No. 1. Isabel
28.

-

**:**
»  No. 2. Ainhoa
29.

-

**:**
»  No. 3. Begoña
30.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
19世紀後半、1876年のカルリスタ戦争の後、バスク地方はイベリア屈指の重工業地帯として輝かしい経済成長を遂げ、芸術や音楽文化が花開きましたが、それに伴い、地方からの移民も増加。伝統的なバスク社会が独自の言語や文化の消滅の危機にさらされ、ナショナリズム運動へと繋がっていく激動の時代がありました。そんな時期にビルバオで活躍したイサシやブルジョワのエリート一家に生まれたグリーディの「10のバスクの旋律」などは、まさに誇り高きバスク人の精神性を表しています。一方、ソロサバルは農民一家の出身で、サン・セバスチャンのカジノや映画館やカフェで働き、そこで親しんだ都会の民謡や流行し始めたジャズを取り入れた人。1920年代のドイツにも滞在した経験を持ち、ハイネの詩に曲を付けた「7つの歌」は、それぞれの地域の文化が入り混じった作風になっています。近年、美味しい料理などで日本でも注目されているバスク地方の、音楽の歴史が感じられる、味わい深い歌曲がお楽しみ頂ける1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。