ホーム > アルバム > IBS-192018 ブスタマンテ/カーロ/エルコレカ/ランチャレス:ヴィオラ作品集(アロンソ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
IBS-192018
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ガブリエル・エルコレカ Gabriel Erkoreka , カルロス・ペロン・カーノ Carlos Peron Cano , マリオ・カッロ Mario Carro , ホセ・ルイス・トゥリーナ José Luis Turina , ヘスス・トレス Jesús Torres , ダビド・デル・プエルト David del Puerto , ミゲル・ブスタマンテ Miguel Bustamante , ホセ・サンチェス・ベルドデュ Jose Sanchez Verdu , セバスティアン・マリネ Sebastián Mariné , サンティアゴ・ランチャレス Santiago Lanchares
アーティスト
アナ・マリア・アロンソ Ana Maria Alonso

ブスタマンテ/カーロ/エルコレカ/ランチャレス:ヴィオラ作品集(アロンソ)

Viola Recital: Alonso, Ana María - BUSTAMANTE, M. / CARRO, M. / ERKOREKA, G. / LANCHARES, S. (Alto Mystic)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-192018

全トラック選択/解除

マリオ・カッロ - Mario Carro (1979-)

**:**
ルナ・デ・アバホ
1.

Luna de abajo

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978809
**:**
ヴィオラ・ソナタ

Viola Sonata

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978848
**:**
»  I. Moderato
2.

-

**:**
»  II. Andante
3.

-

**:**
»  III. Grave
4.

-

**:**
»  IV. Moto perpetuo
5.

-

**:**
クアシド
6.

Quasid

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978849

ミゲル・ブスタマンテ - Miguel Bustamante

**:**
カデンツァ風に Op. 4b
7.

Quasi una cadenza, Op. 4b

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978850

ガブリエル・エルコレカ - Gabriel Erkoreka (1969-)

**:**
8.

Ilargi

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978851

ダビド・デル・プエルト - David del Puerto (1964-)

**:**
ブルースケープ
9.

Bluescape

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978852

ヘスス・トレス - Jesús Torres (1965-)

**:**
神秘的な小品

Piezas místicas

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978853
**:**
»  I. Noche
10.

-

**:**
»  II. Llama
11.

-

**:**
»  III. Cántico
12.

-

ホセ・ルイス・トゥリーナ - José Luis Turina (1952-)

**:**
ヴィオラ・ジョーク
13.

Viola Joke

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978854

セバスティアン・マリネ - Sebastián Mariné (1957-)

**:**
寓話 - ダチョウ
14.

Fábulas: I. El Avestruz

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978855

サンティアゴ・ランチャレス - Santiago Lanchares (1952-)

**:**
エスペーラ、ルス、エスペーラ
15.

Espera, luz, espera

録音: 26-28 October 2017, Auditorio Conservatorio de Getafe, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6978856
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
スペインの今を生きる作曲家が1995年から2017年の間に作曲した作品を集めたヴィオラ・アルバム。演奏は、スペイン現代曲を得意とし、作曲家と緊密なコラボを行いながら数多くの作品の初演を手掛けているアナ・マリア・アロンソ。15歳でデビューし、1998年から2009年にかけてマドリード交響楽団のメンバーとして、スペイン国内、アメリカやヨーロッパ・ツアーでも活躍する彼女、アルバム・タイトル「アルト・ミスティック」にはアルトの深みのある声をもつヴィオラという楽器の神秘性や無限の可能性を広めたいという気持ちを表しています。アロンソの演奏は確かな技術の上に、情熱と使命感に満ちており、繊細で詩的な音色はもちろん、ヴィオラがどんな挑戦的な曲にも対応できる柔軟性をも備えた楽器であるかを教えてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。