ホーム > アルバム > IBS-52020 ヴィヴァルディ/ボッケリーニ/ハイドン:チェロ協奏曲集(ポロ/ルイス/セビリア・バロック管/ガベッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
IBS-52020
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ルイジ・ボッケリーニ Luigi Boccherini
アーティスト
アンドレス・ガベッタ Andrés Gabetta , セビリア・バロック管弦楽団 Orquesta Barroca de Sevilla , アシエル・ポロ Asier Polo , メルセデス・ルイス Mercedes Ruiz

ヴィヴァルディ/ボッケリーニ/ハイドン:チェロ協奏曲集(ポロ/ルイス/セビリア・バロック管/ガベッタ)

Cello Concertos - VIVALDI, A. / BOCCHERINI, L. / HAYDN, J. (Polo, Ruiz, Orquesta Barroca de Sevilla, Gabetta)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/IBS-52020

全トラック選択/解除

ルイジ・ボッケリーニ - Luigi Boccherini (1743-1805)

**:**
チェロ協奏曲 ニ長調 G. 479

Cello Concerto in D Major, G. 479

録音: 09-13 April 2019, Espacio Turina, Sevilla, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7934799
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
チェロ協奏曲 ハ短調 RV 401

Cello Concerto in C Minor, RV 401

録音: 09-13 April 2019, Espacio Turina, Sevilla, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7934800
**:**
»  I. Allegro non molto
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro ma non molto
6.

-

 
**:**
2つのチェロのための協奏曲 ト短調 RV 531

Concerto for 2 Cellos in G Minor, RV 531

録音: 09-13 April 2019, Espacio Turina, Sevilla, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7934801
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Largo
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
チェロ協奏曲第1番 ハ長調 Hob.VIIb:1

Cello Concerto No. 1 in C Major, Hob.VIIb:1

録音: 09-13 April 2019, Espacio Turina, Sevilla, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7934802
**:**
»  I. Moderato
10.

-

**:**
»  II. Adagio
11.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro molto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/05/01
世界的な音楽祭などで広く活躍するスペイン出身のアシエル・ポロによる、ボッケリーニ、ヴィヴァルディ、ハイドンという3人の作曲家のチェロ協奏曲集。ヴィヴァルディのRV401は美しく謎めいた名曲で、彼が書いた27におよぶチェロ協奏曲の中でも特に際立った作品です。ハイドンの協奏曲は1763年にアイゼンシュタットの隠れ家で書かれたものですが、同時代のボッケリーニとは似ているようで対照的な作風と言われています。ボッケリーニはハイドンに比べて、有名な曲は「メヌエット」と呼ばれる弦楽五重奏曲のみという状態ですが、彼自身が高名なチェリストであり、多くのチェロのための作品を残しており、チェロ学習者には馴染み深い作曲家です。ここではポロはバロック・チェロを演奏しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。