ホーム > アルバム > ICAC5068 ヴェルディ:レクイエム/ロッシーニ:序曲集(マルケヴィチ)(1957-1960)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ICAC5068
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi , ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ウラディーミル・イヴァノフスキー Vladimir Ivanovsky , ニーナ・イサコヴァ Nina Isakova , ガリーナ・ヴィシネフスカヤ Galina Vishnevskaya , フランス国立管弦楽団 French National Orchestra , イヴァン・イヴァノヴィチ・ペトロフ Ivan Ivanovich Petrov , イーゴリ・マルケヴィチ Igor Markevitch , モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 Moscow Philharmonic Orchestra , ロシア国立交響合唱団 Russian State Academy Chorus

ヴェルディ:レクイエム/ロッシーニ:序曲集(マルケヴィチ)(1957-1960)

VERDI, G.: Messa da Requiem / ROSSINI, G.: Overtures (Markevitch) (1957-1960)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ICAC5068

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

録音: 1960, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091747
**:**
»  Requiem: Requiem aeternam
1.

-

**:**
»  Requiem: Kyrie
2.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa
3.

-

**:**
»  Dies irae: Tuba mirum
4.

-

**:**
»  Dies irae: Mors stupebit
5.

-

**:**
»  Dies irae: Liber scriptus
6.

-

**:**
»  Dies irae: Quid sum miser
7.

-

**:**
»  Dies irae: Rex tremendae
8.

-

**:**
»  Dies irae: Recordare
9.

-

**:**
»  Dies irae: Ingemisco
10.

-

**:**
»  Dies irae: Confutatis
11.

-

**:**
»  Dies irae: Lacrymosa
12.

-

**:**
»  Offertorio: Domine Jesu
13.

-

**:**
»  Offertorio: Hostias et preces tibi
14.

-

**:**
»  Sanctus
15.

-

**:**
»  Agnus Dei
16.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

録音: 1960, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091747
**:**
»  Lux aeterna
1.

-

**:**
»  Libera me: Libera me, Domine
2.

-

**:**
»  Libera me: Dies irae
3.

-

**:**
»  Libera me: Requiem aeternam
4.

-

**:**
»  Libera me: Libera me, Domine
5.

-

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「セビリアの理髪師」 - 序曲
6.

Il barbiere di Siviglia (The Barber of Seville): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091754
 
**:**
歌劇「絹のはしご」 - 序曲
7.

La scala di seta (The Silken Ladder): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091755
 
**:**
歌劇「ウィリアム・テル」 - 序曲
8.

Guillaume Tell (William Tell): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091756
 
**:**
歌劇「泥棒かささぎ」 - 序曲
9.

La gazza ladra (The Thieving Magpie): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091757
 
**:**
歌劇「アルジェのイタリア女」 - 序曲
10.

L'Italiana in Algeri (The Italian Girl in Algiers): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091758
 
**:**
歌劇「チェネレントラ(シンデレラ)」 - 序曲
11.

La Cenerentola (Cinderella): Overture

録音: 1-4 April 1957, Maison de la Mutualite, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2091759
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
偉大なる指揮者&作曲家マルケヴィチ(1912-1983)。彼はウクライナのキエフに生まれるも、2歳の時に家族に連れられスイスへと移住し、そこでコルトーに楽才を見いだされます。彼の勧めでパリへ行き、ピアノを学びつつ、ナディア・ブーランジェに作曲を学びます。活動の初期は作曲家としても大成功を収め、その恐るべき才能は音楽界を震撼させるのですが、29歳の時に作曲家としての活動をきっぱりと終え、その後は指揮者として、フランス音楽とロシア音楽、現代音楽を中心としたレパートリーを演奏、数多くの名録音を残しています。この演奏は、彼が1960年にロシア訪問(帰国?)した際の珍しいライヴ録音で、その翌年に入念に準備されたスタジオ録音を上回る迫力と、深い精神性が感じられるエキセントリックなものです。ソリストは、全てスタジオ録音と同じメンバーであり、当時新進気鋭のソプラノとして名を馳せていたヴィシネフスカヤ、ボリショイの重鎮ペトロフ、そして、当時はまだ国際的名声を得ていなかったイワノフスキーとイサコワの4人を見事にサポートしたマルケヴィチの手腕は広く賞賛されることになります。1957年のロッシーニの序曲集は「MINT LP」からの復刻で、こちらもロッシーニの音楽の華麗さに、重厚な味付けを施した素晴らしい演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。