ホーム > アルバム > ICAC5070 ボッケリーニ:弦楽四重奏曲「暴君」/モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番「狩」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番(イタリア四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ICAC5070
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ルイジ・ボッケリーニ Luigi Boccherini , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
イタリア四重奏団 Quartetto Italiano

ボッケリーニ:弦楽四重奏曲「暴君」/モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番「狩」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番(イタリア四重奏団)

BOCCHERINI, L.: String Quartet, "La Tiranna" / MOZART, W.A.: String Quartet No. 17 / BEETHOVEN, L. van: String Quartet No. 15 (Quartetto Italiano)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ICAC5070

全トラック選択/解除

ルイジ・ボッケリーニ - Luigi Boccherini (1743-1805)

**:**
弦楽四重奏曲 ト長調 「暴君」 Op. 44, No. 4, G. 223

String Quartet in G Major, Op. 44, No. 4, G. 223, "La Tiranna"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2092110
**:**
»  I. Presto
1.

-

**:**
»  II. Tempo di minuetto - Trio
2.

-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調 「狩」 K. 458

String Quartet No. 17 in B-Flat Major, K. 458, "Hunt"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2092111
**:**
»  I. Allegro vivace assai
3.

-

**:**
»  II. Menuetto (Moderato)
4.

-

**:**
»  III. Adagio
5.

-

**:**
»  IV. Allegro assai
6.

-

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
弦楽四重奏曲第15番 イ短調 Op. 132

String Quartet No. 15 in A Minor, Op. 132

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2092112
**:**
»  I. Assai sostenuto - Allegro
7.

-

**:**
»  II. Allegro ma non tanto
8.

-

**:**
»  III. Heiliger Dankgesang eines Genesenden an die Gottheit, in der lydischen Tonart: Molto adagio - Neue Kraftfuhtend: Andante - Molto adagio
9.

-

**:**
»  IV. Alla marcia, assai vivace - Più allegro -
10.

-

**:**
»  V. Allegro appassionato
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
20世紀最高のアンサンブルの一つとされる「イタリア弦楽四重奏団」は1945年にカプリでデビュー、最初は、メンバー名に「新(Nuovo)」が付いていましたが、1951年からは現名称を用い、途中で若干のメンバーの変更を行いつつも、1980年に解散するまで古典から近代までの幅広いレパートリーを保持していました。中でも、1974年にポリーニと共演したブラームスのピアノ五重奏曲は永遠の名演として、今でも輝きは失せることがありません。この演奏は、1965年、活動期間の中期のロンドンでのライブ録音で、そろそろ彼らが国際的な知名度を得て、その後のモーツァルト、シューマン、ブラームス、ウェーベルンの弦楽四重奏全集の完成へと繋がる気炎万丈の表現を聴くことができます。彼らが得意とするモーツァルト、そして珍しいボッケリーニ(これ以外では1956年のモノラル録音が存在するのみ)、この上なく素晴らしいベートーヴェン、と、彼らのライブならではの高揚感に満ちた演奏がステレオで聴ける貴重なアルバムです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。