ホーム > アルバム > ICAC5150 ピエール・モントゥー秘蔵音源集(1955-1961)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ICAC5150
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エルネスト・ショーソン Ernest Chausson , ヴァンサン・ダンディ Vincent d' Indy , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , セザール・フランク César Franck , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
エミール・デシャン Émile Deschamps
アーティスト
BBC合唱団 BBC Chorus , BBC交響楽団 BBC Symphony Orchestra , BBCコラール・ソサエティ BBC Choral Society , アンドレ・ヴェシエール André Vessières , ロベール・カサドシュ Robert Casadesus , ヴァレリー・トライオン Valerie Tryon , ジノ・フランチェスカッティ Zino Francescatti , ピエール・フルニエ Pierre Fournier , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra , シャルル・ミュンシュ Charles Munch , ピエール・モントゥー Pierre Monteux , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ピエール・モントゥー秘蔵音源集(1955-1961)

Orchestral Music - DEBUSSY, C. / CHAUSSON, E. / BRAHMS, J. / FRANCK, C. / BERLIOZ, H. (BBC Symphony, Boston Symphony, Monteux) (1955-1961)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ICAC5150

全トラック選択/解除

Disc 1

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
映像

Images

録音: 11 May 1956, Royal Festival Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6811747
**:**
»  No. 1. Gigues
1.

-

**:**
»  No. 3. Rondes de printemps
2.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: a. Par les rues et par les chemins -
3.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: b. Les parfums de la nuit -
4.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: c. Le matin d'un jour de fête
5.

-

エルネスト・ショーソン - Ernest Chausson (1855-1899)

**:**
交響曲 変ロ長調 Op. 20

Symphony in B-Flat Major, Op. 20

録音: 11 May 1956, Royal Festival Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826811
**:**
»  I. Lento - Allegro vivo
6.

-

**:**
»  II. Très lent
7.

-

**:**
»  III. Animé
8.

-

Disc 2

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
交響曲第3番 ヘ長調 Op. 90

Symphony No. 3 in F Major, Op. 90

録音: 29 August 1956, Usher Hall, Edinburgh, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826812
**:**
»  I. Allegro con brio - Un poco sostenuto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Poco allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro - Un poco sostenuto
4.

-

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
交響的変奏曲 M. 46
5.

Symphonic Variations, M. 46

録音: 29 August 1956, Usher Hall, Edinburgh, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826813

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第102番 変ロ長調 Hob.I:102

Symphony No. 102 in B-Flat Major, Hob.I:102

録音: 26 August 1956, Usher Hall, Edinburgh, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826814
**:**
»  I. Largo - Vivace
6.

-

**:**
»  II. Adagio
7.

-

**:**
»  III. Menuet - Trio: Allegro
8.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
9.

-

Disc 3

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 Op. 102

Double Concerto for Violin and Cello in A Minor, Op. 102

録音: 28 April 1955, Royal Festival Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826815
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Vivace ma non troppo
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 77

Violin Concerto in D Major, Op. 77

録音: 26 April 1955, Royal Festival Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826816
**:**
»  I. Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso, ma non troppo vivace
6.

-

Disc 4

ヴァンサン・ダンディ - Vincent d' Indy (1851-1931)

**:**
フランスの山人の歌による交響曲 Op. 25

Symphonie sur un chant montagnard français, Op. 25, "Symphonie cévenole"

録音: 16 October 1961, BBC Maida Vale Studios, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826817
**:**
»  I. Assez lent - Modérément animé
1.

-

**:**
»  II. Assez modéré, mais sans lenteur
2.

-

**:**
»  III. Animé
3.

-

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 Op. 17

Roméo et Juliette, Op. 17, H. 79 (excerpts)

録音: 22 May 1961, Royal Festival Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6826818
**:**
»  Part III: V. Convoi funèbre de Juliette - Jetez des fleurs pour la vierge expirée (Capulets)
4.

-

**:**
»  Part III: VI. Roméo au tombeau des Capulets
5.

-

**:**
»  Part III: VI. Invocation - Réveil de Juliette
6.

-

**:**
»  Part III: VI. Joie délirante, désespoir
7.

-

**:**
»  Part III: VI. Dernières angoisses et mort des deux amants
8.

-

**:**
»  Part III: VII. La foule accourt au cimetière - Quoi! Roméo de retour (Montagus, Capulets, Père Laurence) - Recitative: Je vais dévoiler le mystère (Père Laurence)
9.

-

**:**
»  Part III: VII. Air: Pauvres enfants que je pleure (Père Laurence)
10.

-

**:**
»  Part III: VII. Jurez donc, par l'auguste symbole (Père Laurence, Chorus)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
英国音楽の録音を積極的に行い、知られざる作曲家の発掘にも貢献した「Lyrita Recorded Edition」レーベル創立者、
リチャード・イッター(1928-2014)。彼が当時最先端のプロ用機材を用い、1952年からエアチェックしていたというBBC放送の音源を集めた、貴重なコレクションからCD化するシリーズ第4弾。
モントゥーが自国フランス音楽のスペシャリストというのは誰もが認めるところですが、ことブラームスへも深い愛情を注いでおり、公式の録音は残していない交響曲第3番のほか、初出となる2つの協奏曲が入っているのは嬉しいところです。フランクの「交響的変奏曲」は長い友人であるカサドシュとの共演で、今回初登場のライヴはモントゥーがこの作品を指揮した最も古い録音となります。ドビュッシー「映像」とショーソン「交響曲」は、モントゥー唯一のライヴ音源。またボーナスとして、同じフランスの指揮者であるミュンシュが振ったハイドンの102番を収録しています。これは彼がこの作品を指揮した唯一残っている録音で極めて貴重なものであるうえ、演奏もアグレッシヴで素晴らしいものです。ソースは磁気テープや、イッター氏が編集後録音し直したアセテート盤から取られており、入念にリマスタリングされ、50年代のエアチェックとしては非常に良い状態の音となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。