ホーム > アルバム > KL1513 ブラームス:交響曲第1番、第2番(フランクフルト・ブランデンブルク州立管/グリフィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
KL1513
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
ハワード・グリフィス Howard Griffiths , フランクフルト・ブランデンブルク州立管弦楽団 Frankfurt Brandenburg State Orchestra

ブラームス:交響曲第1番、第2番(フランクフルト・ブランデンブルク州立管/グリフィス)

BRAHMS, J.: Symphonies Nos. 1 and 2 (Frankfurt Brandenburg State Orchestra, H. Griffiths)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/KL1513

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
交響曲第1番 ハ短調 Op. 68

Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68

録音: 29 September - 2 October 2014, Konzerthalle 'Carl Philipp Emanuel Bach' Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4196402
**:**
»  I. Un poco sostenuto - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Un poco allegretto e grazioso
3.

-

**:**
»  IV. Adagio - Più andante - Allegro non troppo ma con brio
4.

-

 
**:**
交響曲第2番 ニ長調 Op. 73

Symphony No. 2 in D Major, Op. 73

録音: 29 September - 2 October 2014, Konzerthalle 'Carl Philipp Emanuel Bach' Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4196403
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Adagio non troppo - L'istesso tempo, ma grazioso
6.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso (quasi andantino) - Presto ma non assai
7.

-

**:**
»  IV. Allegro con spirito
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/04/01
世界中のオーケストラと聴衆から愛されているブラームス(1833-1897)の4つの交響曲。もちろん、このフランクフルト・ブランデンブルク州立管弦楽団でもこれらの曲は重要なレパートリーです。名指揮者ハワード・グリフィスはこのオーケストラを大変高く評価しており、今回のブラームスの録音にあたっては、ドイツのロマン主義の源流を辿りつつ、この曲を新たな観点から演奏することを試みたのだそうです。グリフィスは19世紀の指揮者フリッツ・シュタインバッハ(1855-1916)の生涯を紐解き、彼がいかにブラームス作品を愛し、演奏したかを理解し、彼の解釈を検討し再構築することで、新鮮でエネルギッシュな演奏ができたと言います。様々な解釈が存在する現在において、この演奏はどのように受け入れられるのでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。