ホーム > アルバム > KL1517 J.S. バッハ:協奏曲集(リコーダーと室内アンサンブル編)(ボルツキ/バーダー/アンデション/フリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
KL1517
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
クレメンス・フリック Clemens Flick , シモン・ボルツキ Simon Borutzki
アーティスト
マグヌス・アンデション Magnus Andersson , レア・ラヘル・バデール Lea Rahel Bader , クレメンス・フリック Clemens Flick , シモン・ボルツキ Simon Borutzki

J.S. バッハ:協奏曲集(リコーダーと室内アンサンブル編)(ボルツキ/バーダー/アンデション/フリック)

BACH, J.S.: Keyboard Concertos (arr. for recorder and chamber ensemble) (Bach All' Italiano) (Borutzki, Bader, M. Andersson, Flick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/KL1517

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
協奏曲 ヘ長調 BWV 978 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 ト長調 RV 310)(S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Keyboard Concerto in F Major, BWV 978 (arr. of Vivaldi's RV 310) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809774
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
オルガン協奏曲 イ短調 BWV 593 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 イ短調 RV 522)(S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Organ Concerto in A Minor, BWV 593 (arr. of Vivaldi's, RV 522) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809775
**:**
»  I. [Allegro]
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
協奏曲 ト長調 BWV 974 (原曲:A. マルチェッロのオーボエ協奏曲)(S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Keyboard Concerto in D Minor, BWV 974 (after A. Marcello's Oboe Concerto) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809776
**:**
»  I. Andante
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Presto
9.

-

 
**:**
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971 (S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Concerto in the Italian Style in F Major, BWV 971, "Italian Concerto" (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809777
**:**
»  I. [Allegro]
10.

-

**:**
»  II. Andante
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

 
**:**
協奏曲 ト短調 BWV 975 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 ト短調 RV 316)

Keyboard Concerto in G Minor, BWV 975 (arr. of Vivaldi's RV 316) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809778
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Largo
14.

-

**:**
»  III. Giga: Presto
15.

-

 
**:**
協奏曲 ト長調 BWV 986 (S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Keyboard Concerto in G Major, BWV 986 (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809779
**:**
»  I. [Allegro]
16.

-

**:**
»  II. Adagio
17.

-

**:**
»  III. Allegro
18.

-

 
**:**
協奏曲 ハ長調 BWV 976 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 ホ長調 RV 265)(S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Keyboard Concerto in C Major, BWV 976 (arr. of Vivaldi's RV 265) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809780
**:**
»  I. Allegro
19.

-

**:**
»  II. Largo
20.

-

**:**
»  III. Allegro
21.

-

 
**:**
協奏曲 ト長調 BWV 973 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 ト長調 RV 299)(S. ボルツキ、C. フリックによるリコーダーと室内アンサンブル編)

Keyboard Concerto in G Major, BWV 973 (arr. of Vivaldi's RV 299) (arr. S. Borutzki and C. Flick for recorder and chamber ensemble)

録音: 19-22 October 2015, Andreaskirche Berlin Wannsee, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4809781
**:**
»  I. Allegro assai
22.

-

**:**
»  II. Largo
23.

-

**:**
»  III. Allegro
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/05/01
28歳の若きバッハ(1685-1750)が当時仕えていたザクセン=ヴァイマル公。その甥であるヨハン・エルンスト(音楽の才能に満ち溢れた青年貴族)が、バッハに依頼したのが、イタリア旅行で刺激を受けたヴィヴァルディの協奏的作品を鍵盤曲に編曲することでした。バッハ自身もそれまで「イタリア風」の音楽には馴染みがなかったようで、これらの新しいスタイルを持つ作品に興味を抱き、ついには「イタリア協奏曲」をはじめとする、数多くの斬新な作品を生み出すこととなるのです。ここでは、そんなバッハによる編曲作を、更にリコーダーを中心としたアンサンブルに移し替えるという試みがなされています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。