ホーム > アルバム > LBM022 ストロッパ/ラヴェル/ナンテ/ジョリヴェ/シェーラー:ピアノ作品集(ジャンテ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
LBM022
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フィリップ・シェーラー Philippe Schoeller , アンドレ・ジョリヴェ André Jolivet , マルコ・ストロッパ Marco Stroppa , アレックス・ナンテ Alex Nante , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
マルーシア・ジャンテ Maroussia Gentet

ストロッパ/ラヴェル/ナンテ/ジョリヴェ/シェーラー:ピアノ作品集(ジャンテ)

Piano Recital: Gentet, Maroussia - STROPPA, M. / RAVEL, M. / NANTE, A. / JOLIVET, A. / SCHOELLER, P. (Invocations)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/LBM022

全トラック選択/解除

マルコ・ストロッパ - Marco Stroppa (1959-)

**:**
ミニアテューレ・エストローゼ 第1巻 - タンガタ・マヌ
1.

Miniature estrose, Book 1: Tangata Manu

録音: 10 July 2019, Live recording, Studio Stephen Paulello
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7473403

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**

Miroirs

録音: 10 July 2019, Live recording, Studio Stephen Paulello
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7476265
**:**
»  No. 1. Noctuelles
2.

-

**:**
»  No. 2. Oiseaux tristes
3.

-

**:**
»  No. 3. Une barque sur l'océan
4.

-

**:**
»  No. 4. Alborada del gracioso
5.

-

**:**
»  No. 5. La vallée des cloches
6.

-

アレックス・ナンテ - Alex Nante (1992-)

**:**
祈り
7.

Invocation

録音: 10 July 2019, Live recording, Studio Stephen Paulello
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7476266

アンドレ・ジョリヴェ - André Jolivet (1905-1974)

**:**
マナ

Mana

録音: 10 July 2019, Live recording, Studio Stephen Paulello
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7476267
**:**
»  No. 1. Beaujolais
8.

-

**:**
»  No. 2. L'oiseau
9.

-

**:**
»  No. 3. La princesse de Bali
10.

-

**:**
»  No. 4. La chèvre
11.

-

**:**
»  No. 5. La vache
12.

-

**:**
»  No. 6. Pégase
13.

-

フィリップ・シェーラー - Philippe Schoeller (1957-)

**:**
3つの前奏曲

3 Préludes

録音: 10 July 2019, Live recording, Studio Stephen Paulello
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7476268
**:**
»  No. 1. Omaggio Cy Twombly
14.

-

**:**
»  No. 2. In memoriam Jackson Pollock
15.

-

**:**
»  No. 3. Ritualis Vincent van Gogh
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/10/01
1994年から開催されている「オルレアン国際ピアノ・コンクール」。2年ごとに開催され、近現代の作品のみで競うユニークなコンクールです。以前は年齢制限も42歳と高く設定され(2020年度のコンクールは36歳に下げられている)、既にキャリアを積んだピアニストが再挑戦できることでも知られています。2018年の第13回コンクールで優勝したのが、1992年生まれの若きピアニスト、マルシア・ジャンテ。彼女は20世紀作品に格別な思い入れがあり、得意とするのはアンリ・デュティユーとカロル・シマノフスキの作品。他の現代作品の紹介にも積極的に取り組んでいます。このファースト・アルバムでもラヴェル以降の作品が選ばれており、彼女の個性豊かな演奏を聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。