ホーム > アルバム > LMCD-1828 浜松市楽器博物館コレクションシリーズ 9 - ショパン:ピアノ協奏曲第1番 室内楽版~プレイエル・ピアノによる(小倉貴久子)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
LMCD-1828
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin
編曲者
小倉貴久子 Kikuko Ogura
アーティスト
小倉貴久子 Kikuko Ogura , 桐山建志 Takeshi Kiriyama , 小室昌広 Masahiro Komuro , 白井圭 Kei Shirai , 長岡聡季 Satoki Nagaoka , 花崎薫 Kaoru Hanazaki

浜松市楽器博物館コレクションシリーズ 9 - ショパン:ピアノ協奏曲第1番 室内楽版~プレイエル・ピアノによる(小倉貴久子)

CHOPIN, F.: Piano Concerto No. 1 (version for piano and string quintet) / Piano Trio, Op. 8 (Collection Series 9: Pleyel Piano) (Kikuko Ogura)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/LMCD-1828

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
ピアノ三重奏曲 ト短調 Op. 8

Piano Trio in G Minor, Op. 8

録音: 24 July, Act City Hamamatsu Seminar Hall, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7256503
**:**
»  I. Allegro con fuoco
1.

-

**:**
»  II. Scherzo con moto ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Adagio sostenuto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegretto
4.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op. 11 (ピアノと弦楽五重奏版)

Piano Concerto No. 1 in E Minor, Op. 11 (version for piano and string quintet)

録音: 5-8 February, Act City Hamamatsu Seminar Hall, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7258293
**:**
»  I. Allegro maestoso
5.

-

**:**
»  II. Romance
6.

-

**:**
»  III. Rondo
7.

-

 
**:**
エチュード集 Op. 10 - 第3曲 ホ長調 「別れの曲」(小倉貴久子によるピアノと弦楽五重奏編)
8.

Etude No. 3 in E Major, Op. 10, No. 3 (arr. Kikuko Ogura for piano and string quintet)

録音: 5-8 February, Act City Hamamatsu Seminar Hall, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7258294
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2019/07/13
《貴重な古楽器による名録音の数々。浜松市楽器博物館コレクションシリーズ配信開始!》 世界全域のさまざまな楽器を3300点以上収蔵し、世界第一級規模を誇る浜松市楽器博物館。当館が所蔵する貴重な古楽器を演奏収録したコレクションシリーズの配信を開始しました。ご紹介するアルバムは、日本を代表するフォルテピアノ奏者小倉貴久子さんによる、ショパンも愛用した楽器としても知られるプレイエル・ピアノを使用したショパン作品集。ピアノ協奏曲第1番とあまり演奏される機会のないピアノ三重奏曲を収録。プレイエル・ピアノの高雅な音色と弦楽器のアンサンブルがとても心地よく響きます。
レビュアー: kunkun 投稿日:2019/07/17
恨み骨髄、アクト・シティ!遠路はるばる2度訪れて2度とも休館日。豊かなる餃子の街浜松の、あの金満ホール、2度と行くものかと思った楽器博物館の奥に眠る幻の楽器プレイエルの響きが、なんとNaxosで聴けるとは!!小倉喜久子のフォルテ・ピアノも上品で、古楽コガクしてなくて良いのですが、弦楽五重奏の皆さんの演奏が典雅で素晴らしい。余白の有名な練習曲第3番も劇的でロマンティックな編曲・演奏で、聴衆もしばらく拍手を忘れてしまったのではありませんかねえ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。