ホーム > アルバム > LPO-0052 マーラー:交響曲第8番(ヴァラディ/イーグレン/ブロック/シュミット/ラッペ/シュルテ/リーゲル/セティン/ロンドン・フィル/合唱団/テンシュテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
LPO-0052
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe
アーティスト
ジェーン・イーグレン Jane Eaglen , イートン・カレッジ少年合唱団 Eton College Boys' Choir , ユリア・ヴァラディ Júlia Várady , トゥルデリーゼ・シュミット Trudeliese Schmidt , アイケ・ウィルム・シュルテ Eike Wilm-Schulte , ハンス・セティン Hans Sotin , クラウス・テンシュテット Klaus Tennstedt , スーザン・ブロック Susan Bullock , ヤドヴィガ・ラッペ Jadwiga Rappe , ケネス・リーゲル Kenneth Riegel , ロンドン・フィルハーモニー合唱団 London Philharmonic Choir , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra , ロンドン交響合唱団 London Symphony Chorus

マーラー:交響曲第8番(ヴァラディ/イーグレン/ブロック/シュミット/ラッペ/シュルテ/リーゲル/セティン/ロンドン・フィル/合唱団/テンシュテット)

MAHLER, G.: Symphony No. 8 (Varady, Eaglen, Bullock, Schmidt, Rappe, Riegel, Schulte, Sotin, London Philharmonic Choir and Orchestra, Tennstedt)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/LPO-0052

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第8番 変ホ長調 「千人の交響曲」

Symphony No. 8 in E-Flat Major, "Symphony of a Thousand"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/854057
**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Veni, creator spiritus -
1.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Imple superna gratia -
2.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Infirma nostri corporis -
3.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Tempo I: Allegro, etwas hastig -
4.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Infirma nostri corporis -
5.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Accende lumen sensibus -
6.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Veni, creator spiritus -
7.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Gloria sit Patri Domino
8.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第8番 変ホ長調 「千人の交響曲」

Symphony No. 8 in E-Flat Major, "Symphony of a Thousand"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/854057
**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Poco adagio -
1.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Più mosso: Allegro moderato -
2.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Waldung, sie schwankt heran -
3.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Ewiger Wonnebrand -
4.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Wie Felsenabgrund mir zu Fussen -
5.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Gerettet ist das edle Glied - Hande verschlinget euch -
6.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Jene Rosen, aus den Handen -
7.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Uns bleibt ein Erdenrest -
8.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Ich spur' soeben nebelnd um Felsenhoh' - Hier ist die Aussicht frei - Freudig empfangen wir -
9.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Hochste Herrscherin der Welt! -
10.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Dir, der Unberuhrbaren - Du schwebst zu Hohen der ewigen Reiche -
11.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Bei der Liebe, die den Fussen -
12.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Bei dem Bronn, zu dem schon weiland -
13.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Bei dem hochgeweihten Orte -
14.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Neige, neige, du Ohnegleiche -
15.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Er uberwachst uns schon - Vom edlen Geisterchor umgeben -
16.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Komm! Hebe dich zu hohern Spharen! - Blicket auf zum Retterblick, alle reuig Zarten -
17.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Alles Vergangliche ist nur ein Gleichnis
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/02/01
テンシュテットのこの演奏は、すでにレーザー・ディスク→DVDとして発売されているものです。あちらは、BBCテレビのスタッフによる編集であり、1月27日、28日収録とされていて、あくまでも「テレビ放送用」として編纂されたものですが、こちらは1月27日のオリジナルテープをリマスターしたものになります。DVDを確認したところ、恐らく27日の演奏(このCDに収録されているもの)がベースとなっており、演奏上本CDと大きな違いは認められませんが、音質などは格段に良くなっています(音場の広がり、奥行き、そして粒立ちの違いははっきりとわかります)。第1部での異様なほどの高揚感、一転、第2部では雄大な音楽が展開されます。テンシュテットの求めるテンポがあまりにも悠々し過ぎているためか、時に歌手たちがフライング気味になってしまうのは御愛嬌。満身創痍となりながらも最後の「神秘の合唱」へと辿りつく様はまさに神々しいの一言に尽きるでしょう。20世紀の終焉、そして希望を示唆するような感動的な演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。