ホーム > アルバム > LPO-0108 プーランク:ピアノ協奏曲/オルガン協奏曲/スターバト・マーテル(タロー/オドネル/ロイヤル/ロンドン・フィル/ネゼ=セガン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
LPO-0108
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 協奏曲
作曲家
フランシス・プーランク Francis Poulenc
作詞家
ヤコポーネ・ダ・トーデ Jacopone da Todi
アーティスト
ジェイムズ・オドネル James O'Donnell , アレクサンドル・タロー Alexandre Tharaud , ヤニック・ネゼ=セガン Yannick Nézet-Séguin , ケイト・ロイヤル Kate Royal , ロンドン・フィルハーモニー合唱団 London Philharmonic Choir , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

プーランク:ピアノ協奏曲/オルガン協奏曲/スターバト・マーテル(タロー/オドネル/ロイヤル/ロンドン・フィル/ネゼ=セガン)

POULENC, F.: Piano Concerto / Organ Concerto / Stabat mater (Tharaud, J. O'Donnell, K. Royal, London Philharmonic Choir and Orchestra, Nézet-Séguin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/LPO-0108

全トラック選択/解除

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
ピアノ協奏曲 FP 146

Piano Concerto, FP 146

録音: 23 October 2013, Southbank Centre's Royal Festival Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6671925
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Andante con moto
2.

-

**:**
»  III. Rondo à la française (Presto Giocoso)
3.

-

 
**:**
オルガン協奏曲 ト短調 FP 93

Organ Concerto in G Minor, FP 93

録音: 26 March 2014, Southbank Centre's Royal Festival Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6671926
**:**
»  I. Andante —
4.

-

**:**
»  II. Allegro giocoso —
5.

-

**:**
»  III. Subito andante moderato —
6.

-

**:**
»  IV. Tempo allegro, molto agitato —
7.

-

**:**
»  V. Tres calme: Lent —
8.

-

**:**
»  VI. Tempo de l'allegro initial —
9.

-

**:**
»  VII. Tempo introduction: Largo
10.

-

 
**:**
スターバト・マーテル FP 148

Stabat mater, FP 148

録音: 23 October 2013, Southbank Centre's Royal Festival Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6671927
**:**
»  Stabat Mater dolorosa (Chorus)
11.

-

**:**
»  Cujus animam gementem (Chorus)
12.

-

**:**
»  O quam tristis (Chorus a cappella)
13.

-

**:**
»  Quae moerebat (Chorus)
14.

-

**:**
»  Quis et homo (Chorus)
15.

-

**:**
»  Vidit suum (Soprano, Chorus)
16.

-

**:**
»  Eja Mater (Chorus)
17.

-

**:**
»  Fac ut ardeat (Chorus a cappella)
18.

-

**:**
»  Sancta Mater (Chorus)
19.

-

**:**
»  Fac ut portem (Soprano, Chorus)
20.

-

**:**
»  Inflammatus et accensus (Chorus)
21.

-

**:**
»  Quando corpus (Soprano, Chorus)
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
ヤニック・ネゼ=セガン、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団との6枚目の録音!/2008年から2014年までロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を務めたセガン。これは彼の最後のシーズンの演奏を録音したアルバムです。オルガン協奏曲は、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールのオルガン修復記念演奏会の記録であり、以前にリリースされたアルバム(LPO-81)からの再録となりますが、他の2曲は今回が初登場。ピアノ協奏曲では名手アレクサンドル・タローがソリストを務めるなど、聞きどころ満載の1枚となっております。20世紀最高の宗教作品の一つとして知られる“スターバト・マーテル”は、ソリストにケイト・ロイヤルを迎え万全の体制で臨んだ演奏。情感豊かな作品を手堅くまとめています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。