ホーム > アルバム > MC182 マーラー:交響曲第1番 - 第9番/交響曲第10番 - 第1楽章 アダージョ(ユタ響/アブラヴァネル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
MC182
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
フリードリヒ・ゴットリープ・クレプストック Friedrich Gottlieb Klopstock , ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe , 伝承 Traditional , フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche
アーティスト
モーリス・アブラヴァネル Maurice Abravanel , ナンシー・ウィリアムズ Nancy Williams , ブランシェ・クリステンセン Blanche Christensen , フローレンス・コプレフ Florence Kopleff , ビヴァリー・シルズ Beverly Sills , マルコム・スミス Malcolm Smith , ネタニア・ダヴラツ Netania Davrath , ユタ交響楽団 Utah Symphony Orchestra , ユタ大学合唱団 University of Utah Choir , ユタ大学シビック・コラール University of Utah Civic Chorale , ユタ大学シビック・コラール女声セクション University of Utah Civic Chorale Women's Voice , David Clatworthy , Jeannine Crader , Granite School District Boy's Choir , Marlena Kleinman , Stanley Kolk , Christina Krooskos , Lynn Owen , Vernon Lee Master Children's Choir

マーラー:交響曲第1番 - 第9番/交響曲第10番 - 第1楽章 アダージョ(ユタ響/アブラヴァネル)

MAHLER, G.: Symphonies Nos. 1-9 / Symphony No. 10: I. Adagio (Utah Symphony, Abravanel)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MC182

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1118021
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt -
4.

-

**:**
»  IV. [21] -
5.

-

**:**
»  IV. [42]
6.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

Symphony No. 2 in C Minor, "Resurrection"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152817
**:**
»  I. Allegro maestoso -
1.

-

**:**
»  I. [9] -
2.

-

**:**
»  I. [20]
3.

-

**:**
»  II. Andante moderato
4.

-

**:**
»  III. In ruhig fliessender Bewegung
5.

-

**:**
»  IV. Urlicht
6.

-

**:**
»  V. Finale: Im Tempo des Scherzos -
7.

-

**:**
»  V. Finale: Wieder sehr breit -
8.

-

**:**
»  V. Finale: Wieder zuruckhaltend -
9.

-

**:**
»  V. Finale: Langsam - Misterioso -
10.

-

**:**
»  V. Finale: Mit Aufschwung, aber nicht eilen
11.

-

Disc 3

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152818
**:**
»  I. Kraftig - Entschieden -
1.

-

**:**
»  I. [13] -
2.

-

**:**
»  I. [35] -
3.

-

**:**
»  I. [55] -
4.

-

**:**
»  I. [62]
5.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto. Sehr massig
6.

-

**:**
»  III. Comodo. Scherzando. Ohne Hast -
7.

-

**:**
»  III. [17] -
8.

-

**:**
»  IV. Sehr langsam. Misterioso
9.

-

**:**
»  V. Lustig im Tempo und keck im Ausdruck
10.

-

Disc 4

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152818
**:**
»  VI. Langsam. Ruhevoll. Empfunden -
1.

-

**:**
»  VI. Tempo I: Ruhevoll -
2.

-

**:**
»  VI. [26]
3.

-

 
**:**
Symphony No. 4 in G Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152819
**:**
»  I. Bedachtig, nicht eilen
4.

-

**:**
»  II. In gemachlicher Bewegung, ohne Hast
5.

-

**:**
»  III. Ruhevoll, poco adagio
6.

-

**:**
»  IV. Sehr behaglich
7.

-

Disc 5

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第5番 嬰ハ短調

Symphony No. 5 in C-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152820
**:**
»  I. Trauermarsch
1.

-

**:**
»  II. Sturmisch bewegt, mit grosster Vehemenz
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Adagietto
4.

-

**:**
»  V. Rondo-Finale
5.

-

Disc 6

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
Symphony No. 6 in A Minor, "Tragic"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152821
**:**
»  I. Allegro energico, ma non troppo. Heftig, aber markig -
1.

-

**:**
»  I. [25]
2.

-

**:**
»  II. Scherzo: Wuchtig
3.

-

**:**
»  III. Andante moderato
4.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato - Allegro energico -
5.

-

**:**
»  IV. Finale: [117] -
6.

-

**:**
»  IV. Finale: [129] -
7.

-

**:**
»  IV. Finale: [150]
8.

-

Disc 7

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

Symphony No. 7 in E Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152822
**:**
»  I. Langsam - Allegro con fuoco
1.

-

**:**
»  II. Nachtmusik: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Schattenhaft
3.

-

**:**
»  IV. Nachtmusik: Andante amoroso
4.

-

**:**
»  V. Rondo - Finale
5.

-

Disc 8

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第8番 変ホ長調 「千人の交響曲」

Symphony No. 8 in E-Flat Major, "Symphony of a Thousand"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152823
**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Veni, creator spiritus -
1.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Imple superna gratia -
2.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Infirma nostri corporis -
3.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Accende lumen sensibus -
4.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Tu septiformis munere -
5.

-

**:**
»  Part I, Veni, creator spiritus: Gloria sit Patri Domino
6.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Poco adagio - Più mosso: Allegro moderato -
7.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Waldung, sie schwankt heran -
8.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Ewiger Wonnebrand -
9.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Wie Felsenabgrund mir zu Fussen -
10.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Gerettet ist das edle Glied -
11.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Uns bleibt ein Erdenrest -
12.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Hier ist die Aussicht frei -
13.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Hochste Herrscherin der Welt! -
14.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Dir, der Unberuhrbaren -
15.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Bei der Liebe, die den Fussen -
16.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Neige, neige, du Ohnegleiche -
17.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Komm! Hebe dich zu hohern Spharen! -
18.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Blicket auf zum Retterblick, alle reuig Zarten -
19.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Orchestral interlude -
20.

-

**:**
»  Part II, Final Scene from Faust: Alles Vergangliche
21.

-

Disc 9

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152824
**:**
»  I. Andante comodo -
1.

-

**:**
»  I. bar 162 -
2.

-

**:**
»  I. bar 335
3.

-

**:**
»  II. Im Tempo eines gemachlichen Ländlers - Etwas tappisch und sehr derb
4.

-

Disc 10

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152824
**:**
»  III. Rondo-Burleske: Allegro assai
1.

-

**:**
»  IV. Adagio -
2.

-

**:**
»  IV. bar 64 -
3.

-

**:**
»  IV. bar 126
4.

-

 
**:**
交響曲第10番 嬰ヘ短調

Symphony No. 10 in F-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6152825
**:**
»  I. Adagio -
5.

-

**:**
»  I. [13] -
6.

-

**:**
»  I. [26]
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2015/09/10
アブラヴァネルとユタ響の、マーラーの交響曲全集がNMLにありました。マーラーがブームになる前に完成されたマーラーの交響曲全集のひとつでありパイオニアのひとつです。マーラーの作品をアプローチするひとつのキーワードがユダヤ人。ユダヤ人の作曲家としてのマーラーというアプローチで熱演を重ねてきた指揮者としてバーンスタインが挙げられますが、アブラヴァネルもユダヤ人であり、ヨーロッパに生まれアメリカに亡命してきた指揮者、さらに自分の理想を求めるためにユタ響に安住の地を求めてきた指揮者でした。世間的にはアメリカの田舎にあるそれなりの実力のオケが演奏したものという評価が多いのですが、私はアブラヴァネルのアイデンティティを感じる演奏だと思っています。それなりのオケが実力以上の力を発揮しようとしている意図も感じるし、マーラーのテーマである「死」を「生きる」という観点から見ているようなアプローチをしている解釈も面白いです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。