ホーム > アルバム > MCS-ED-1344 ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第3番「メーデー」(ソビエト国立文科省響/ロジェストヴェンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
MCS-ED-1344
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
作詞家
セミョン・キルサノフ Semyon Kirsanov
アーティスト
ソビエト国立文化省交響楽団 USSR Ministry of Culture Symphony Orchestra , ユルロフ・ロシア合唱団 Yurlov Russian Choir , ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー Gennady Rozhdestvensky

ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第3番「メーデー」(ソビエト国立文科省響/ロジェストヴェンスキー)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies Nos. 1 and 3, "The First of May" (USSR Ministry of Culture Symphony, Rozhdestvensky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MCS-ED-1344

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第1番 ヘ短調 Op. 10

Symphony No. 1 in F Minor, Op. 10

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5695992
**:**
»  I. Allegretto - Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Lento
3.

-

**:**
»  IV. Lento - Allegro molto - Largo - Presto
4.

-

 
**:**
交響曲第3番 変ホ長調 「メーデー」 Op. 20

Symphony No. 3, Op. 20, "Pervomayskaya" (The First of May)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5695993
**:**
»  I. Allegretto
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Largo
7.

-

**:**
»  IV. Moderato - Pervoye maya
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2019/08/09
ブリテンで触れたらショスタコーヴィッチの交響曲第1番が無性に聴きたくなって、NML上をひととおり制覇しましたが、ベストはコレでしょうか(笑)  なぜ(笑)が付くか?って、だって、本当のベストはバーンスタイン&シカゴ響(DG)だってことは認めますが、それだったら面白くないし、私が応援する必要もないわけで、なので、この(笑)なロジェヴェン。  全体的に雑な感じがあるのですが(ここはロジェヴェンの悪いところ)、何より、オーケストラの中(それもマッスルなロシアのオケ)で聴いているようなバランスとド迫力な音。 アイスピックのようなトランペットはコレでしか聴くことができませんし、若気の至りでしかないかのような第4楽章終盤で現れるティンパニィ・ソロは爆笑必至。 しかし、これでこそ、天才の才気煥発で破天荒な作品の本質を見出すことができるのではないか、と思うわけです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。