ホーム > アルバム > MECO-1057 メンデルスゾーン&ブラームス: ピアノ三重奏曲第1番(椿三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
MECO-1057
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn , ヴィットリオ・モンティ Vittorio Monti
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
椿三重奏団 Tsubaki Trio

メンデルスゾーン&ブラームス: ピアノ三重奏曲第1番(椿三重奏団)

MENDELSSOHN, Felix / BRAHMS, J.: Piano Trios / MONTI, V.: Csárdás (Tsubaki Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MECO-1057

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op. 49

Piano Trio No. 1 in D Minor, Op. 49, MWV Q29

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8012130
**:**
»  I. Molto allegro ed agitato
1.

-

**:**
»  II. Andante con moto tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Leggiero e vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro assai appassionato
4.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 Op. 8 (改訂版)

Piano Trio No. 1 in B Major, Op. 8 (revised version, 1889)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8017128
**:**
»  I. Allegro con brio
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro molto
6.

-

**:**
»  III. Adagio
7.

-

**:**
»  IV. Allegro
8.

-

 
**:**
ハンガリー舞曲集 WoO 1 - 第6番 変ニ長調(ピアノ三重奏編)
9.

21 Hungarian Dances, WoO 1: No. 6 in D-Flat Major (arr. for piano trio)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8017129
 
**:**
16のワルツ Op. 39 - 第15番 変イ長調(ピアノ三重奏編)
10.

16 Waltzes, Op. 39: No. 15 in A-Flat Major (arr. for piano trio)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8017130

ヴィットリオ・モンティ - Vittorio Monti (1868-1922)

**:**
チャールダーシュ(ピアノ三重奏編)
11.

Csárdás (arr. for piano trio)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8017131
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
■椿三重奏団について
椿の花言葉には控えめな素晴らしさ、気取らない優美さなどがあり、白い椿には「完璧な美しさ」という意味があるようです。日本原産の樹木である椿は、18世紀にヨ ーロッパに渡り「東洋のバラ」と呼ばれ人気を博しました。 日本人としてのアイデンティティと、西洋のクラシック音楽に携わる私達3人を重ね合わせ、あえてカメリアやトリオなどの横文字は使わずに、日本語の「椿三重奏団」と命名することにしました。 どうぞ白い椿の花言葉をイメージしながら、私達の演奏をお聴き頂ければうれしく思います。


満を持しての椿三重奏団のデビュー盤である。 高橋多佳子(ピアノ)、礒絵里子(ヴァイオリン)、新倉瞳(チェロ)――この3人はそれぞれソリストとしての活動も充実している一方で、今回のトリオ結成に至るまでに10年以上の共演の積み重ねがあるという。特に礒と高橋はデュオとしては 2004年頃から続けてきた。新倉と高橋はショパンのチェロ・ソナタのレコーディングもあった。3人での演奏回数も多い。これは、決して一朝一夕のものではなく、お互いの音楽性をよく知りぬき、息の合ったアンサンブルに確信を持った上でのトリオ結成なのである。「椿三重奏団」のネーミングは、愛知県幸田町のつばきホールに由来する。そこでコンサートをおこなった後の打ち上げで、「やっぱりこの3人でぜひ続けていこう」と一致したことがきっかけになっているとのこと。椿は日本原産の花であり、特に白い椿には「完璧な美しさ」という花言葉もある。トリオではなく三重奏団にしたのは、渋いと言われる室内楽のフィールドで本格的にやっていこうという気持ちの表れでもある。 「この7年くらいで、ヴァイオリンを弾くこと、音の乗せ方が、少しわかってきたような気がする。昔に比べると、音を出すことがいい意味でラクになってきた」と礒は言う。一方の高橋も「若い頃とは何かが違う。感覚的には今がバランスがとれていて一番巧いと思う。歳をとることもいいと感じている」。 近年ますます充実した活動を繰り広げている2人から見ると、より若い世代の新倉の演奏は、常にインスピレーションと刺激を与えられるものだったという。それは筆者にも納得できる、思い当たる点がある。2018年10月に Hakuju ホール15周年記念コンサートで彼女が藤倉大作曲の「osm」を弾いたとき、その鬼気迫るような音楽に、こんなすごい演奏をする人になったのかと圧倒された。 新しいことにどんどんチャレンジしていく新倉のポテンシャルは、周囲に大きな影響を与える。今回、レコーディングの様子も拝見させていただき、思ったことは、3人ともリラックスしながらの音楽への集中の持って行き方が見事で、さすがに場数をたくさん踏んできたプロならではの仕事 ぶりだなということである。 今後は、レパートリーとしてピアノ三重奏曲の古今の本格派の名作をどんどん増やし、アンサンブ ルの面白さをライヴで楽しめるようにしていきたいという。「元気なら90歳まで弾きたい」という彼女たちのこと、東京だけでなく全国津々浦々にまで、時間をかけて、本物の室内楽を届けていってくれることだろう。

解説:林田直樹

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。