ホーム > アルバム > MELCD1002475 マーラー:交響曲第1番「巨人」, 第5番, 第9番(モスクワ・フィル/タタルスタン国立響/コンドラシン/スラドコフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
MELCD1002475
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
キリル・コンドラシン Kirill Kondrashin , アレクサンドル・スラドコフスキー Alexander Sladkovsky , タタルスタン国立交響楽団 Tatarstan National Symphony Orchestra , モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 Moscow Philharmonic Orchestra

マーラー:交響曲第1番「巨人」, 第5番, 第9番(モスクワ・フィル/タタルスタン国立響/コンドラシン/スラドコフスキー)

MAHLER, G.: Symphonies Nos. 1, "Titan", 5 and 9 (Moscow Philharmonic, Tatarstan National Symphony, Kondrashin, Sladkovsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MELCD1002475

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464417
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464427
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

Disc 3

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第5番 嬰ハ短調

Symphony No. 5 in C-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464426
**:**
»  I. Trauermarsch
1.

-

**:**
»  II. Sturmisch bewegt, mit grosster Vehemenz
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Adagietto
4.

-

**:**
»  V. Rondo-Finale
5.

-

Disc 4

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第5番 嬰ハ短調

Symphony No. 5 in C-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464425
**:**
»  I. Trauermarsch
1.

-

**:**
»  II. Sturmisch bewegt, mit grosster Vehemenz
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Adagietto
4.

-

**:**
»  V. Rondo-Finale
5.

-

Disc 5

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464424
**:**
»  I. Andante comodo
1.

-

**:**
»  II. Im Tempo eines gemachlichen Ländlers - Etwas tappisch und sehr derb
2.

-

**:**
»  III. Rondo-Burleske: Allegro assai
3.

-

**:**
»  IV. Adagio - Sehr langsam und noch zuruckhaltend
4.

-

Disc 6

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464423
**:**
»  I. Andante comodo
1.

-

**:**
»  II. Im Tempo eines gemachlichen Ländlers - Etwas tappisch und sehr derb
2.

-

Disc 7

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5464423
**:**
»  III. Rondo-Burleske: Allegro assai
1.

-

**:**
»  IV. Adagio - Sehr langsam und noch zuruckhaltend
2.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
キリル・コンドラシン(1914-1981)とアレクサンドル・スラドコフスキー(1965-)。ほぼ50年の年齢差を持つ2人の指揮者によるマーラーの交響曲を聴き比べるという興味深い7枚組です。コンドラシンはモスクワで生まれ、ボリショイ劇場の常任指揮者を経て、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。1960年から1976年までこの地位にあり、このオーケストラとショスタコーヴィチの交響曲全集と、第8番を除くマーラーの交響曲全集の録音を成し遂げています。ロシアにおけるマーラー演奏の第1人者であり、とりわけ一連のMELODIYAへの録音は、正統的で丁寧な表現と、あふれる緊張感で高く評価されています。スラドコフスキーはタガンログで生まれ、サンクトペテルブルク音楽院とモスクワ音楽院で学び、音楽院のオペラ・バレエ劇場で「コジ・ファン・トゥッテ」を振ってデビュー、2001年から2003年まで首席指揮者として活躍しました。2003年には「サンクトペテルブルク300周年」の記念式典でも演奏、2005年に「ロシア連邦の名誉ある芸術家」として大統領から表彰されるという栄誉を得ています。この2人の指揮者によるマーラーの第1番、第5番、第9番の演奏を比較することは、ロシアにおける「マーラー演奏」の変遷を知るとともに、脈々と受け継がれる伝統の絆を再確認する足がかりとなるでしょう。 *・・・コンドラシンが指揮する交響曲第5番のオーケストラの名称は、レーベルの情報に準じています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。