ホーム > アルバム > MEW1890 トッリ:オラトリオ「現世のむなしさ」(シュリック/シュミットヒューセン/レイギン/ショッパー/ムジカ・アンティクァ・ケルン/ゲーベル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
MEW1890
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
ピエトロ・トッリ Pietro Torri
作詞家
カルロ・フランチェスコ・メルキオーリ Carlo Francesco Melchiori
アーティスト
ロジャーズ・カヴィ=クランプ Rogers Covey-Crump , ラインハルト・ゲーベル Reinhard Goebel , イングリット・シュミットヒューセン Ingrid Schmithüsen , バルバラ・シュリック Barbara Schlick , ミヒャエル・ショッパー Michael Schopper , ムジカ・アンティクァ・ケルン Cologne Musica Antiqua , デレク・リー・レイギン Derek Lee Ragin

トッリ:オラトリオ「現世のむなしさ」(シュリック/シュミットヒューセン/レイギン/ショッパー/ムジカ・アンティクァ・ケルン/ゲーベル)

TORRI, P.: Vanità del mondo (La) [Oratorio] (Schlick, Schmithüsen, Ragin, Schopper, Cologne Musica Antiqua, Goebel)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MEW1890

全トラック選択/解除

Disc 1

ピエトロ・トッリ - Pietro Torri (1650-1737)

**:**
オラトリオ「現世のむなしさ」

La vanità del mondo

録音: July 1988, Live recording, Collège Saint-Michel, Fribourg, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6923065
**:**
»  Part I: Sinfonia avanti
1.

-

**:**
»  Part I: L'aureo fonte (Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Qual di canto festoso (Anima)
3.

-

**:**
»  Part I: Aria: Sento un piacer (Anima)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Sono appunto il Piacere (Piacere)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: Esiliatevi pene funeste (Piacere)
6.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Nata fosti a' piaceri (Piacere, Mondo)
7.

-

**:**
»  Part I: Aria: Io farò che t'adori (Mondo)
8.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Non rifiuto i tuoi doni (Anima)
9.

-

**:**
»  Part I: Aria: Io che nacqui (Anima)
10.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Gode il suol (Piacere)
11.

-

**:**
»  Part I: Aria: Allor che vezzosa (Piacere)
12.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Mira che nel ferir (Mondo)
13.

-

**:**
»  Part I: Aria: Tutto cede (Mondo)
14.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Cedo dunque (Anima)
15.

-

**:**
»  Part I: Aria: Dolcezze cessate (Anima)
16.

-

**:**
»  Part I: Accompanied Recitative: Anima, oh come cieca (Grazia)
17.

-

**:**
»  Part I: Aria: Piacere che muore (Grazia)
18.

-

**:**
»  Part I: Ritornello
19.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Solleva il tuo pensiero (Grazia, Anima)
20.

-

**:**
»  Part I: Aria: Assistetemi o numi (Anima)
21.

-

Disc 2

ピエトロ・トッリ - Pietro Torri (1650-1737)

**:**
オラトリオ「現世のむなしさ」

La vanità del mondo

録音: July 1988, Live recording, Collège Saint-Michel, Fribourg, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6923065
**:**
»  Part II: Sinfonia avanti
1.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Mondo, siam vinti (Piacere, Mondo)
2.

-

**:**
»  Part II: Aria: Si si cader dovra (Piacere)
3.

-

**:**
»  Part II: Ritornello
4.

-

**:**
»  Part II: Aria: Sì sì resisterà (Grazia)
5.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Non nascesti alla terra (Grazia, Anima)
6.

-

**:**
»  Part II: Al fulgore di forme (Chorus)
7.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Piacer, amor, contenti (Grazia, Anima)
8.

-

**:**
»  Part II: Aria: È il piacere un bel lampo (Anima)
9.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Dunque il piacer detesti (Mondo)
10.

-

**:**
»  Part II: Aria: Chi non gode (Mondo)
11.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Gloria immortal (Mondo, Anima, Grazia)
12.

-

**:**
»  Part II: Aria: Han lor tomba ancor i regni (Anima)
13.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Saggiamente ragioni (Grazia, Piacere)
14.

-

**:**
»  Part II: Aria: Scendi coll'arco (Piacere)
15.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Alma, ti son pur note (Grazia)
16.

-

**:**
»  Part II: Aria: Sei menzognera (Grazia)
17.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Destati dunque (Grazia)
18.

-

**:**
»  Part II: Aria: M'allettaste (Anima)
19.

-

**:**
»  Part II: Ritornello
20.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Credei nel bel sentiero (Anima)
21.

-

**:**
»  Part II: Aria: Del piacer fra' lacci avvolta (Anima)
22.

-

**:**
»  Part II: Tutto è fragile (Chorus)
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
アレッサンドロ・スカルラッティやカンプラなどと同じ頃、つまりヴィヴァルディやバッハよりも一世代上に属するピエートロ・トルリは、ミュンヘンとブリュッセルで覇権を誇ったバイエルン選帝侯の宮廷作曲家として大いに活躍したイタリア人作曲家。基本的に、このトルリの作品で現代蘇演されたものはことごとく名作……といってもよいくらい、1700年前後のイタリア音楽の粋をあつめた旋律美とダイナミズム豊かな音楽ばかりを綴った天才でもあります。南ネーデルラント〈のちのベルギー〉の音楽は17世紀末頃から、リュリの系譜をひくフランス音楽と、イタリアから来た音楽家たちが根づかせつつあったイタリア音楽とがせめぎあい、独特の発展をみせていました。その渦中にあって、同時代のイタリア人フィオッコとともにイタリア音楽の魅力を同地に根付かせたトルリの、1706年初演のオラトリオ『現世のむなしさ』は受難節を彩った端正な充実作。オーボエひとつと弦楽器・通奏低音だけの器楽伴奏と数少ない歌手による室内編成で奏でられるのは、フランスの「ルソン・ド・テネブル」と同じく豪奢なことが許されない時期のために書かれた音楽だから。しかし本盤は1988年の記念碑的放送録音で、全盛期のムジカ・アンティクヮ・ケルンと名古楽歌手たちが居並ぶ演奏陣の豪華さは圧巻!古楽器アンサンブルの機微を知り尽くしたうえでの「攻め」にあふれたスリリングな演奏で知られたグループが、その後それぞれのアンサンブルを結成することになる名手ぞろいの時期に刻んだ録音というのはまったく見逃せません。バルバラ・シュリックやディレク・リー・レイギンら、バロックオペラ復興の立役者となってきたレジェンド級歌手たちの絶美の演奏表現にも着目したいところ。ブリュッセル音楽界が1700年前後にどれほどエキサイティングだったかも含め、解説(国内盤には日本語訳付)の充実度もありがたいところです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。