ホーム > アルバム > MEW1994 フランク:交響詩「贖罪」(ユボー/フランダース放送合唱団/リエージュ・フィルハ/ニケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
MEW1994
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
セザール・フランク César Franck
作詞家
エドゥアール・ブロー Edouard Blau
アーティスト
エルヴェ・ニケ Hervé Niquet , フランダース放送合唱団 Flemish Radio Choir , イヴ=モー・ユボー Eve-Maud Hubeaux , リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団 Liège Royal Philharmonic

フランク:交響詩「贖罪」(ユボー/フランダース放送合唱団/リエージュ・フィルハ/ニケ)

FRANCK, C.: Rédemption (Hubeaux, Flemish Radio Choir, Liège Royal Philharmonic, Niquet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MEW1994

全トラック選択/解除

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
交響詩「贖罪」 Op. 22 M. 52

Rédemption, Op. 22, M. 52

録音: Octobre 2018, Salle Philharmonique, Liège, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7438862
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  Que le jour monte ou s'abaisse (Chœur terrestre)
2.

-

**:**
»  Nous venons du ciel (Chœur des anges)
3.

-

**:**
»  Où mènent vos chemins - Les rois dont vous vantez la gloire (Chœurs et air de l'Archange)
4.

-

**:**
»  Devant la loi nouvelle (Chœur général)
5.

-

**:**
»  Morceau symphonique
6.

-

**:**
»  Où sommes-nous (Chœur des hommes)
7.

-

**:**
»  Nous sommes au ciel (Chœur des anges)
8.

-

**:**
»  Le fl ot se lève (Air de l'Archange)
9.

-

**:**
»  Seigneur, oublie l'erreur et la folie (Chœur général)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/08/01
【古楽大国ベルギー発、ピリオド指揮者ニケが正面から向き合ったフランクの秘曲】ドイツ語圏にほど近いベルギー東部で生まれ育ったフランクの音楽は、若き日の作品群よりもむしろ、後年フランスに帰化し、パリでフランス国民音楽協会の一員として活躍するようになってからの大作群が有名です。交響曲やイ長調のヴァイオリン・ソナタがその代表ですが、しかし生前のフランクはむしろ、国民音楽協会発足の前から稀代のオルガン奏者として知られていました。リストやブラームスのように、19世紀の芸術家の目線でキリスト教と新たに向き合った中後期の重要作品もありながら、意外なほど録音はなされていません。この『贖罪』もまさにそうした作品のひとつで、たびたび演奏される間奏曲(“交響詩「贖罪」”という呼称でも知られる楽章)のほかは20世紀のプラッソン録音以降、ほとんど新録音が現れませんでした。フランクの『贖罪』は、メゾソプラノ独唱と合唱を中心に展開してゆく物語とともに、管弦楽が壮麗な音楽絵巻を織り上げてゆく内容。オラトリオと呼ばれることもありますが、フランク自身がこれを「詩曲=交響曲Poeme-Symphonie」と題しているところからも、管弦楽の扱いに主眼が置かれていることは明らかです。今回の指揮者は、NAXOSやALPHAでシャルパンティエやリュリなどバロック作品を手がけ、Glossaでもヘンデル『水上の音楽』を手がけたフランスの古楽器系指揮者エルヴェ・ニケ。近年サン=サーンスやデュカスなど、急速にフランス近代作品の録音で実績をあげるようになってきた名匠と、作曲家の故郷ベルギー随一の名団体王立リエージュ・フィルの演奏でこの知られざる傑作を聴けるのは貴重。図版多数の充実解説はMusique en Wallonieレーベルならでは。この秋とくに見逃せないリリースです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。