ホーム > アルバム > MSV28560 シェーンベルク:架空庭園の書/ボドリー:少女(ケリガン/コリンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
MSV28560
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , ショールシャ・ボドリー Seóirse Bodley
作詞家
シュテファン・ゲオルゲ Stefan George , Brendan Kennelly
アーティスト
アイリッシュ・E・ケリガン Aylish E. Kerrigan , ダーヴラ・コリンズ Dearbhla Collins

シェーンベルク:架空庭園の書/ボドリー:少女(ケリガン/コリンズ)

SCHOENBERG, A.: Buch der hängenden Gärten (Das) / BODLEY, S.: A Girl (Kerrigan, D. Collins)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/MSV28560

全トラック選択/解除

アルノルト・シェーンベルク - Arnold Schoenberg (1874-1951)

**:**
架空庭園の書 Op. 15

Das Buch der hängenden Gärten, Op. 15

録音: 21-25 July 2014, The Royal Irish Academy of Music, Dublin, Ireland, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5503839
**:**
»  No. 1. Unterm Schutz von dichten Blattergrunden
1.

-

**:**
»  No. 2. Hain in diesen Paradiesen
2.

-

**:**
»  No. 3. Als Neuling trat ich ein in dein Gehege
3.

-

**:**
»  No. 4. Da meine Lippen reglos sind und brennen
4.

-

**:**
»  No. 5. Saget mir, auf welchem Pfade
5.

-

**:**
»  No. 6. Jedem Werke bin ich furder tot
6.

-

**:**
»  No. 7. Angst und Hoffen wechselnd mich beklemmen
7.

-

**:**
»  No. 8. Wenn ich heut nicht deinen Leib beruhre
8.

-

**:**
»  No. 9. Streng ist uns das Gluck und sprode
9.

-

**:**
»  No. 10. Das schöne Beet betracht ich mir im Harren
10.

-

**:**
»  No. 11. Als wir hinter dem bebluhmten Tore
11.

-

**:**
»  No. 12. Wenn sich bei heiliger Ruh in tiefen Matten
12.

-

**:**
»  No. 13. Du lehnest wider eine Silberweide
13.

-

**:**
»  No. 14. Sprich nicht immer von dem Laub
14.

-

**:**
»  No. 15. Wir bevolkerten die abend dustern Lauben
15.

-

ショールシャ・ボドリー - Seóirse Bodley (1933-)

**:**
少女

A Girl

録音: 21-25 July 2014, The Royal Irish Academy of Music, Dublin, Ireland, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5503840
**:**
»  No. 1. November Cloud
16.

-

**:**
»  No. 2. The Room
17.

-

**:**
»  No. 3. Familiar Things
18.

-

**:**
»  No. 4. Lies
19.

-

**:**
»  No. 5. Polka
20.

-

**:**
»  No. 6. Evil
21.

-

**:**
»  No. 7. Birds' Wings
22.

-

**:**
»  No. 8. Are women the only beings who feel?
23.

-

**:**
»  No. 9. The moment I found I was nothing
24.

-

**:**
»  No. 10. The Puzzle
25.

-

**:**
»  No. 11. The Dogs of Darkness
26.

-

**:**
»  No. 12. Summer
27.

-

**:**
»  No. 13. Darkness
28.

-

**:**
»  No. 14. Sweetest Postures of the Heart
29.

-

**:**
»  No. 15. All things move towards peace
30.

-

**:**
»  No. 16. Solitude
31.

-

**:**
»  No. 17. Possession
32.

-

**:**
»  No. 18. The Slaughterer
33.

-

**:**
»  No. 19. Killers
34.

-

**:**
»  No. 20. Strength
35.

-

**:**
»  No. 21. Emptiness
36.

-

**:**
»  No. 22. I am going out …
37.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2017/01/01
シェーベルクが「浄夜」や「グレの歌」など、後期ロマン派の作風にどっぷり浸かった作品を書いていたのは1900年代の初めの頃でした。その「グレの歌」が完成したのは1911年でしたが、それ以前にシェーンベルクは既に調性から脱却を図り、1908年にはソプラノ独唱を伴った「弦楽四重奏曲第2番」が作曲されています。ここで使われたゲオルゲの詩は、同時期に作曲された「架空庭園の書」でも用いられ、詩の内容を完全に表現するとともに、曲はほとんど無調となりつつも、官能的なイメージと抑制された熱情が表出された、シェーンベルクの傑作の一つとなっています。ボドリーの「少女」は1978年に初演された作品で、抑圧された社会の中で望まぬ子供を宿してしまった少女の苦悩が描かれており、少女の移り変わる感情が綿密に歌われていくという22曲からなる歌曲集です。ブレヒトを得意とする現代アイルランドの歌手、ケリガンとドイツ・リートの伴奏に長けているコリンズの演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。