ホーム > アルバム > NEOS11627 ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘン 27 - グロボカール:亡命者 3 「移民エドヴァルドの生活」(バイエルン放送合唱団&交響楽団/エトヴェシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NEOS11627
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ヴィンコ・グロボカール Vinko Globokar
作詞家
ヴィンコ・グロボカール Vinko Globokar
アーティスト
ペーテル・エトヴェシュ Peter Eötvös , ブルーノ・ガンツ Bruno Ganz , ヴィンコ・グロボカール Vinko Globokar , ピーア・コムシ Piia Komsi , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , ミヒャエル・リーズラー Michael Riessler

ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘン 27 - グロボカール:亡命者 3 「移民エドヴァルドの生活」(バイエルン放送合唱団&交響楽団/エトヴェシュ)

MUSICA VIVA, Vol. 27 - GLOBOKAR, V.: Exil 3 (Bavarian Radio Chorus and Symphony, Eötvös)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NEOS11627

全トラック選択/解除

ヴィンコ・グロボカール - Vinko Globokar (1934-)

**:**
亡命者 3 「移民エドヴァルドの生活」

Exil 3, "Das Leben des Emigranten Edvard"

録音: 20 February 2015, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5768403
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  An den Ufern des Flüsschens Krka…
2.

-

**:**
»  Im vergangenen Jahrhundert…
3.

-

**:**
»  Edvard, der zu Hause geblieben war…
4.

-

**:**
»  Nach der Rückkehr vom Militärdienst…
5.

-

**:**
»  Er sang gern…
6.

-

**:**
»  Er nahm den Zug…
7.

-

**:**
»  Die beiden gedachten, während der Rente…
8.

-

**:**
»  Die Reise nach Deutschland…
9.

-

**:**
»  Angesichts der Armut…
10.

-

**:**
»  Dieses Leben als Kraftfahrer…
11.

-

**:**
»  Als Hilfskraft stellte er einen Dörfler ein…
12.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。