ホーム > アルバム > NI5018 ロゼッティ/L. モーツァルト/ハイドン:ホルン作品集(トンプソン/フィルハーモニア管/ウォーレン=グリーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
NI5018
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , レオポルト・モーツァルト Leopold Mozart , アントニオ・ロゼッティ Antonio Rosetti
アーティスト
クリストファー・ウォーレン=グリーン Christopher Warren-Green , アンドルー・シュルマン Andrew Shulman , ジェラルド・ドラッカー Gerald Drucker , マイケル・トンプソン Michael Thompson , レスリー・ピアソン Leslie Pearson , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , リチャード・ワトキンズ Richard Watkins

ロゼッティ/L. モーツァルト/ハイドン:ホルン作品集(トンプソン/フィルハーモニア管/ウォーレン=グリーン)

Horn Recital: Thompson, Michael - ROSETTI, A. / MOZART, L. / HAYDN, J. (Classical Horn Concertos)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NI5018

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
2つのホルンのための協奏曲 ヘ長調 RV 539

Concerto for 2 Horns in F Major, RV 539

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/336636
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

アントニオ・ロゼッティ - Antonio Rosetti (1750-1792)

**:**
ホルン協奏曲 ニ短調 C. 38/III:43

Horn Concerto in D Minor, C. 38/K.III:43

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/336637
**:**
»  I. Allegro Molto
4.

-

**:**
»  II. Romanze (Adagio)
5.

-

**:**
»  III. Rondo
6.

-

レオポルト・モーツァルト - Leopold Mozart (1719-1787)

**:**
ホルン協奏曲 ニ長調

Horn Concerto in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/336638
**:**
»  I. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調 Hob.VIId:2

Concerto for 2 Horns in E-Flat Major, Hob.VIId:2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/336639
**:**
»  I. Allegro maestoso
10.

-

**:**
»  II. Romanze: Adagio
11.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: poco 投稿日:2009/07/11
レオポルド・モーツァルト(ウォルフガングの父)のホルン協奏曲を聞くことにする。ヴァイオリン奏法の教則本もある音楽家である。この人、昔は「飲んだくれの父」とゆうあまりいい評価がされていなかったが、かつてハイドン作曲と言われていた「おもちゃの交響曲」は、今ではレオポルドであることが定着している。それどころかNAXOSには交響曲集と言える一枚がある。このホルン協奏曲は、ビヴァルディー、ハイドンに挟まれているが一歩もひけをとらない。マイケル・トンプソンのホルンはいつ聞いても心地よい。録音年が分からないが、かつてこのCDのフィルハーモニア管弦楽団のホルン奏者だった。「飲んだくれでいい、モーツァルトを生んでくれただけで、足を向けて寝られない」などとゆうのは昔話である。ちなみにウォルフガングにもすばらしいホルン協奏曲がある。(第1番・第1楽章は、テレビでは「おいしい料理ができた!」ときのバックグランドでなっていた。)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。