ホーム > アルバム > NV5811 マルティーノ:幻想曲と即興曲/ピアノ三重奏曲/セレナータ・コンチェルタンテ/ペイトン:悲歌/ホーマンズ:クィンティーノ(ミーンズ/ウィーラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NV5811
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
マルコム・ペイトン Malcolm Peyton , ピーター・ホーマンズ Peter Homans , ドナルド・マルティーノ Donald Martino
アーティスト
エイミー・アドヴォカート Amy Advocat , スコット・ウィーラー Scott Wheeler , スティーヴン・オルセン Stephen Olsen , グラマシー・トリオ Gramercy Trio , アンドリュー・ステットソン Andrew Stetson , ダイナソー・アネックス・ミュージック・アンサンブル Dinosaur Annex Music Ensemble , バイロン・ヒッチコック Byron Hitchcock , シャーリー・ブリル Shirley Brill , ランダル・ホジキンソン Randall Hodgkinson , ジェフリー・ミーンズ Jeffrey Means , ジェシー・ロジンスキ Jessi Rosinski , 大家和樹 Kazuki Oya , Kristen Dirmeirer , Loewi Lin

マルティーノ:幻想曲と即興曲/ピアノ三重奏曲/セレナータ・コンチェルタンテ/ペイトン:悲歌/ホーマンズ:クィンティーノ(ミーンズ/ウィーラー)

MARTINO, D.: Fantasies and Impromptus / Piano Trio / Serenata Concertante / PEYTON, M.: Elegy / HOFMANS, P.: Quintino (Means, Wheeler)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NV5811

全トラック選択/解除

Disc 1

マルコム・ペイトン - Malcolm Peyton

**:**
悲歌
1.

Elegy

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/327491

ドナルド・マルティーノ - Donald Martino (1931-2005)

**:**
幻想曲と即興曲

Fantasies and Impromptus

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/327492
**:**
»  I. Fantasy
2.

-

**:**
»  II. Impromptu
3.

-

**:**
»  III. Impromptu II
4.

-

**:**
»  IV. Omaggio
5.

-

**:**
»  V. Fantasy
6.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲

Piano Trio

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/327493
**:**
»  I. —
7.

-

**:**
»  II. —
8.

-

**:**
»  III. —
9.

-

Disc 2

**:**
クィンティーノ
1.

Quintino

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/327494

ドナルド・マルティーノ - Donald Martino (1931-2005)

**:**
セレナータ・コンチェルタンテ

Serenata Concertante

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/327495
**:**
»  I. Passeggiata
2.

-

**:**
»  II. Scherzi
3.

-

**:**
»  III. Meditzioni
4.

-

**:**
»  IV. Scherzo
5.

-

**:**
»  V. In memoriam Earl Kim
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
1931年ニュージャージー州で生まれた作曲家ドナルド・マルティーノ。この2枚組は2005年にカリブ海のクルーズ中の事故で亡くなった彼の追悼演奏会を収録したアルバムで、マルティーノの作品と、彼の友人たちの作品が収録されています。マルコム・ペイトンはプリンストン大学時代の同級生で、共に十二音技法を学んだ仲であり、独奏クラリネットで奏される「悲歌」はコンサートの開始を告げるにふさわしい雰囲気を有しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。