ホーム > アルバム > NV5832 バッカー:6つの小品/マントラ第1番 - 第3番/カントゥス/前奏曲とフーガ/エスト/コラールとマドリガーレ/エレジー(ミッカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NV5832
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハンス・バッカー Hans Bakker
アーティスト
ルーシー・カウツカ Lucie Kaucka , コーラ・グリーヴェンボッシュ Cora Greevenbosch , イーゴリ・コピト Igor Kopyt , アルベルト・デ・ラ・フエンテ Alberto de la Fuente , ジム・ナヴラティル Jim Navratil , マリアン・パヴリーク Marian Pavlik , ハンス・バッカー Hans Bakker , ヤロスラフ・ペトロワ Jaroslave Petrova , ヴィト・ミッカ Vit Micka , ヴィト・ムジーク Vít Mužík , モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団 Moravian Philharmonic Orchestra , Mariette Anceaux , Daphna Itzhaky , Jacomijn Jepkes , Bart Kok , David Kostrhon , Dominika Mozikova

バッカー:6つの小品/マントラ第1番 - 第3番/カントゥス/前奏曲とフーガ/エスト/コラールとマドリガーレ/エレジー(ミッカ)

BAKKER, H.: 6 Short Pieces / Mantras Nos. 1-3 / Cantus / Prelude and Fugue / Est / Koraal en Madrigaal / Elegie (The Unnamed Source) (Micka)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NV5832

全トラック選択/解除

ハンス・バッカー - Hans Bakker (1945-)

**:**
カントゥス
1.

Cantus

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558530
 
**:**
前奏曲とフーガ
2.

Prelude and Fugue

録音: March 2010, Reduta Hall in Olomouc, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558575
 
**:**
エスト
3.

Est

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558576
 
**:**
コラールとマドリガーレ
4.

Koraal en Madrigaal

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558577
 
**:**
6つの小品

6 Short Pieces

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558578
**:**
»  No. 1. To Beatrijs
5.

-

**:**
»  No. 2. Cantabile
6.

-

**:**
»  No. 3. Perpetuum Mobile
7.

-

**:**
»  No. 4. Perpetuum Mobile
8.

-

**:**
»  No. 5. Decipherment
9.

-

**:**
»  No. 6. Burlesque
10.

-

 
**:**
エレジー
11.

Elegie

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558579
 
**:**
マントラ第1番
12.

Mantra No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558580
 
**:**
マントラ第2番
13.

Mantra No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558581
 
**:**
マントラ第3番
14.

Mantra No. 3

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/558582
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/05/01
ユトレヒトでピアノ、教会音楽と合唱を学んだハンス・バッカー。合唱団を指導しながらサンスクリット語の研究にも携わり、その後カリヨンのための作品で作曲家として名をあげました。東洋思想の影響を受けた独自の作風による作品は、一度聴いたら忘れられなくなるほどの強い印象を残します。前衛的な雰囲気の中で、親しみやすい曲調を持つ「エレジー」の美しさが光ります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。