ホーム > アルバム > NV5913 トティチウス:「ムード・インディゴ」による変奏曲と終曲/ピアノ協奏曲第1番/ネイティブ・アメリカンの詩による4つの歌(バルトリ/クラリンゲン/サンクトペテルブルク響/ランデ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
NV5913
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エーリク・トティチウス Erik Lotichius
作詞家
エドワード・エスリン・カミングス E. E. Cummings , ロバート・ブライ Robert Bly , エドナ・セント・ヴィンセント・ミレイ Edna St. Vincent Millay
アーティスト
ミランダ・ヴァン・クラリンゲン Miranda van Kralingen , サンクトペテルブルク交響楽団 St. Petersburg Academic Symphony Orchestra , サンドロ・イーヴォ・バルトリ Sandro Ivo Bartoli , ウラディーミル・ランデ Vladimir Lande

トティチウス:「ムード・インディゴ」による変奏曲と終曲/ピアノ協奏曲第1番/ネイティブ・アメリカンの詩による4つの歌(バルトリ/クラリンゲン/サンクトペテルブルク響/ランデ)

LOTICHIUS, E.: Variations and Finale on Mood Indigo / Piano Concerto No. 1 / 4 Songs on Native American Poetry (Mood Indigo) (Lande)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NV5913

全トラック選択/解除

エーリク・トティチウス - Erik Lotichius (1959-)

**:**
「ムード・インディゴ」による変奏曲と終曲

Variations and Finale on Mood Indigo (after D. Ellington's Mood Indigo)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2869981
**:**
»  With Expression: Blues tempo
1.

-

**:**
»  Variation 1: L'istesso tempo
2.

-

**:**
»  Variation 2: Tranquillo
3.

-

**:**
»  Variation 3: Allegro
4.

-

**:**
»  Variation 4: L'istesso tempo
5.

-

**:**
»  Variation 5: Largo
6.

-

**:**
»  Variation 6: L'istesso tempo
7.

-

**:**
»  Variation 7: Allegretto
8.

-

**:**
»  Variation 8: Allegro ma non troppo
9.

-

**:**
»  Variation 9: Tranquillo
10.

-

**:**
»  Finale: Molto vivace
11.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第1番

Concerto No. 1 for Piano and Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2902890
**:**
»  I. Poco allegro
12.

-

**:**
»  II. Andante
13.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
14.

-

 
**:**
ネイティブ・アメリカンの詩による4つの歌

4 Songs on American Poetry

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2902891
**:**
»  No. 1. Poem in Three Parts
15.

-

**:**
»  No. 2. It Really Must Be Nice
16.

-

**:**
»  No. 3. What Lips My Lips Have Kissed
17.

-

**:**
»  No. 4. I Like My Body
18.

-

 
**:**
ラグタイム - ヴィヴァーチェ
19.

Ragtime: Vivace

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2902892
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/06/01
幼少期からピアノとヴァイオリンを学び、高校に入って作曲を始めたというロティチウス。バッハやバルトークの影響を受け、交響曲やバレエ、数多くの室内楽作品を発表したものの、当時のアヴァンギャルドな響きに不満を抱き、ジャズ、ポピュラー音楽に目を向けます。その後、ブレヒトの歌に興味を持ち、ミニマル音楽の要素を取り入れることで、自身の作品に独創性を与えることに成功、この「ムード・インディゴ」はデューク・エリントンの名曲を変奏曲に作り変えたもので、ゴキゲンなムードに満たされています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。