ホーム > アルバム > NYCC-10011 詩人の恋 – ロマンス –(松本裕香/松尾久美)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NYCC-10011
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
クララ・シューマン Clara Schumann , ロベルト・シューマン Robert Schumann
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
松尾久美 Kumi Matsuo , 松本裕香 Yuka Matsumoto

詩人の恋 – ロマンス –(松本裕香/松尾久美)

Violin and Piano Recital: Matsumoto, Yuka / Matsuo, Kumi - SCHUMANN, C. and R. (Dichterliebe - Romances)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NYCC-10011

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
3つのロマンス Op. 94

3 Romanzen, Op. 94

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6178594
**:**
»  No. 1 in A Minor
1.

-

**:**
»  No. 2 in A Major
2.

-

**:**
»  No. 3 in A Minor
3.

-

 
**:**
詩人の恋 Op. 48 (ヴァイオリンとピアノ編)

Dichterliebe, Op. 48 (arr. for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6178595
**:**
»  No. 1. Im wunderschönen Monat Mai
4.

-

**:**
»  No. 2. Aus meinen Tränen spriessen
5.

-

**:**
»  No. 3. Die Rose, die Lilie, die Taube, die Sonne
6.

-

**:**
»  No. 4. Wenn ich in deine Augen seh'
7.

-

**:**
»  No. 5. Ich will meine Seele tauchen
8.

-

**:**
»  No. 6. Im Rhein, im heiligen Strome
9.

-

**:**
»  No. 7. Ich grolle nicht
10.

-

**:**
»  No. 8. Und wüssten's die Blumen, die kleinen
11.

-

**:**
»  No. 9. Das ist ein Flöten und Geigen
12.

-

**:**
»  No. 10. Hör' ich das Liedchen klingen
13.

-

**:**
»  No. 11. Ein Jüngling liebt ein Mädchen
14.

-

**:**
»  No. 12. Am leuchtenden Sommermorgen
15.

-

**:**
»  No. 13. Ich hab' im Traum geweinet
16.

-

**:**
»  No. 14. Allnächtlich im Traume
17.

-

**:**
»  No. 15. Aus alten Märchen winkt es
18.

-

**:**
»  No. 16. Die alten, bösen Lieder
19.

-

クララ・シューマン - Clara Schumann (1819-1896)

**:**
3つのロマンス Op. 22

3 Romanzen, Op. 22

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6178596
**:**
»  No. 1. Andante molto
20.

-

**:**
»  No. 2. Allegretto
21.

-

**:**
»  No. 3. Leidenschaftlich schnell
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/09/01
たった4小節・・・第1曲目のピアノの切ない前奏を聴くだけでも、胸が締め付けられるような思いに駆られるシューマン「詩人の恋」。本来は“声"で歌われる青春の喜びと悲しみを、ハイネの言葉を用いることなく、ヴァイオリンで滔々とメロディを紡ぐ松本裕香。ピアノと戯れ、語らい、時には抱きあいながら、この普遍の名作を違う形で聴く喜びをお届けいたします。シューマン夫妻の2組のロマンスもアルバムに花を添えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。