ホーム > アルバム > NYCC-27312 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番、第24番、第32番(福間洸太朗)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番、第24番、第32番(福間洸太朗)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NYCC-27312
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
福間洸太朗 Kotaro Fukuma

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番、第24番、第32番(福間洸太朗)

BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas Nos. 17, 24 and 32 (Kotaro Fukuma)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NYCC-27312

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 「テンペスト」 Op. 31, No. 2

Piano Sonata No. 17 in D Minor, Op. 31, No. 2, "Tempest"

録音: 28-30 October 2019, Wyastone Concert Hall, Wyastone Leys
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7826837
**:**
»  I. Largo - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調 「テレーゼ」 Op. 78

Piano Sonata No. 24 in F-Sharp Major, Op. 78

録音: 28-30 October 2019, Wyastone Concert Hall, Wyastone Leys
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7826838
**:**
»  I. Adagio cantabile - Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Allegro vivace
5.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op. 111

Piano Sonata No. 32 in C Minor, Op. 111

録音: 28-30 October 2019, Wyastone Concert Hall, Wyastone Leys
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7826839
**:**
»  I. Maestoso - Allegro con brio ed appassionato
6.

-

**:**
»  II. Arietta: Adagio molto semplice e cantabile
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
【満を持して世に問う、初のベートーヴェン・アルバム!】日本を代表するピアニストの一人として、ヨーロッパを中心に世界各地で活躍する福間洸太朗。楽聖ベートーヴェンの生誕250年となる今年(2020年)、自身にとって初めてのオール・ベートーヴェン・アルバムをリリースいたします。その弛まぬ探求力で磨きをかけたテクニックと表現力はもとより、ベルリンでの暮らしで培われた感性を瑞々しく生かした、力強さと気品が高度に融合する彼ならではのベートーヴェンです。「14歳の時にウィーンにあるベートーヴェンの墓石の前に立った時、ベートーヴェンから音楽家になる覚悟を問われた気がしました。あれから20年余りを経て、ついにベートーヴェン・アルバムをリリースします。私が特別な畏敬の念を抱いて来たベートーヴェンの独創的で幅広い芸術性が皆様にも伝わりますように。」--福間洸太朗 福間洸太朗(ピアノ) 都立武蔵高等学校卒業後、パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。20歳でクリーヴランド国際ピアノコンクール優勝(日本人初)およびショパン賞受賞。これまでにカーネギーホール、リンカーン・センター、ウィグモア・ホール、ベルリン・コンツェルトハウス、サル・ガヴォー、サントリーホールなどでリサイタルを開催する他、クリーヴランド管、モスクワ・フィル、イスラエル・フィル、フィンランド放送響、ドレスデン・フィル、トーンキュンストラー管、NHK 交響楽団など国内外の著名オーケストラとの共演も多数。2016年7月にはネルソン・フレイレの代役として急遽、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団定期演奏会において、トゥガン・ソヒエフの指揮でブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏し喝采を浴びた。またフィギュア・スケートの羽生結弦やステファン・ランビエルなどの一流スケーターとのコラボレーションや、パリにてパリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マチュー・ガニオとも共演するなど幅広い活躍を展開。 CDは「France Romance」(Naxos)などこれまでに15枚をリリース。テレビ朝日系「徹子の部屋」や「題名のない音楽会」、NHK-FM などにも出演。第39回日本ショパン協会賞受賞。現在ベルリン在住。
レビュアー: yasu 投稿日:2020/04/17
《生誕250年、満を持してベートーヴェン・アルバムをリリース!》 日本を代表するピアニストの一人として、ヨーロッパを中心に世界各地で活躍する福間洸太朗氏による、初のベートーヴェン・アルバムの世界同時先行配信を開始しました。14歳のときにベートーヴェンの墓石を訪れて以来、特別な畏敬の念を頂いてきたという福間氏。その思いが込められた渾身の録音です。第17番「テンペスト」、第24番「テレーゼ」、最後のソナタとなった第32番と、ソナタの中でも人気の高い3曲を収録しています。弛まぬ探求力で磨きをかけたテクニックと表現力はもとより、ベルリンでの暮らしで培われた感性を瑞々しく生かした、力強さと気品が高度に融合する彼ならではのベートーヴェンです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。