ホーム > アルバム > NYNN-0016 黛敏郎:トーンプレロマス55/音楽の誕生/舞楽(NHK交響楽団/ロイブナー/岩城宏之)(1957-1989)(N響アーカイブシリーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
NYNN-0016
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
黛敏郎 Toshiro Mayuzumi
アーティスト
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra , 岩城宏之 Hiroyuki Iwaki , ヴィルヘルム・ロイブナー Wilhelm Loibner

黛敏郎:トーンプレロマス55/音楽の誕生/舞楽(NHK交響楽団/ロイブナー/岩城宏之)(1957-1989)(N響アーカイブシリーズ)

MAYUZUMI, Toshiro: Tone Pleromas 55 / Birth of Music / Bugaku (NHK Symphony, Loibner, Hiroyuki Iwaki) (1957-1989)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NYNN-0016

全トラック選択/解除

黛敏郎 - Toshiro Mayuzumi (1929-1997)

**:**
トーンプレロマス55
1.

Tone Pleromas 55

録音: 1957
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2333404
 
**:**
音楽の誕生
2.

Ongaku no tanjo (Birth of Music)

録音: 1964
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2333405
 
**:**
舞楽

Bugaku

録音: 1989, Bunkamura Orchard Hall, Tokyo
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2333406
**:**
»  I. Lento
3.

-

**:**
»  II. Moderato - Un poco meno mosso - Allegretto - Lento
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tetsu 投稿日:2012/07/28
異なる機会に演奏された黛敏郎(1929~1997)作品の演奏3点です。初期の代表作「トーンプレロマス'55」は作曲後間もない1957年の演奏ですが、なんと指揮が、当時N響の常任を務めていたオーストリアの巨匠・ヴィルヘルム・ロイブナー(1909~1971)であるのが大注目です。「音楽の誕生」は岩城宏之の指揮による1964年の録音で、ラヴェルの「ボレロ」のように徐々に音楽が盛り上がっていく面白さを体験できます。最後の「BUGAKU」はずっと年代が下った1989年、東京・渋谷のBUNKAMURA オーチャードホールのオープニング記念演奏会のライブです。このような一般の注目を集める演奏機会に現代作品を演奏するところに岩城の真骨頂があったといえるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。