ホーム > アルバム > NYNN-0032 エネスク:ルーマニア狂詩曲第1番/ヒンデミット:フィルハーモニー協奏曲(NHK交響楽団/岩城宏之/外山雄三)(1961, 1966)(N響アーカイブシリーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
NYNN-0032
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジョルジェ・エネスク George Enescu , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith
アーティスト
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra , 岩城宏之 Hiroyuki Iwaki , 外山雄三 Yuzo Toyama

エネスク:ルーマニア狂詩曲第1番/ヒンデミット:フィルハーモニー協奏曲(NHK交響楽団/岩城宏之/外山雄三)(1961, 1966)(N響アーカイブシリーズ)

ENESCU, G.: Romanian Rhapsody No. 1 / HINDEMITH, P.: Philharmonisches Konzert (NHK Symphony, Hiroyuki Iwaki, Yuzo Toyama) (1961, 1966)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/NYNN-0032

全トラック選択/解除

ジョルジェ・エネスク - George Enescu (1881-1955)

**:**
2つのルーマニア狂詩曲 Op. 11 - 第1番 イ長調
1.

2 Romanian Rhapsodies, Op. 11: No. 1 in A Major

録音: 1966, Osaka Festival Hall
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2476167

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
フィルハーモニー協奏曲
2.

Philharmonisches Konzert

録音: 1961
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2476168
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tetsu 投稿日:2012/10/24
ルーマニアを代表する作曲家、ジョルジュ・エネスコ(1881~1955)の「ルーマニア狂詩曲第1番」は、エネスコが20歳の時に作曲した青春時代の記念碑的作品ですが、岩城の疾走し爆発する演奏は、この作品に溢れる若さを十分に表現しており、彼が稀代の名指揮者であったことを改めて確認できます。もう一曲は、ドイツ近代を代表する作曲家、パウル・ヒンデミット(1895~1963)による、演奏される機会の非常に稀な「フィルハーモニー協奏曲」です。オーケストラの各パートやセクションごとに次々に見せ場が繰り広げられる聴き手を飽きさせない作品で、ヒンデミットの堅固な作風と、外山の真摯な音楽作りが見事に融合した名演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。