ホーム > アルバム > OACD9023D ブクステフーデ:カンタータ「われらがイエスの四肢」(アインスリー/ブレイズ/アンダーウッド/オックスフォード・マグダレン・カレッジ合唱団/ファンタズム/ハイド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OACD9023D
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ディートリヒ・ブクステフーデ Dieterich Buxtehude
作詞家
聖書 Bible , アルヌルフ・フォン・ローウェン Arnulf von Lowen
アーティスト
ジャイルズ・アンダーウッド Giles Underwood , ジョン・マーク・エインズリー John Mark Ainsley , オックスフォード・マグダレン・カレッジ合唱団 Magdalen College Choir, Oxford , ダニエル・ハイド Daniel Hyde , ファンタズム Phantasm , ロビン・ブレイズ Robin Blaze

ブクステフーデ:カンタータ「われらがイエスの四肢」(アインスリー/ブレイズ/アンダーウッド/オックスフォード・マグダレン・カレッジ合唱団/ファンタズム/ハイド)

BUXTEHUDE, D.: Membra Jesu nostri (Ainsley, Blaze, Underwood, Magdalen College Choir, Oxford, Phantasm, Hyde)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OACD9023D

全トラック選択/解除

ディートリヒ・ブクステフーデ - Dieterich Buxtehude (1637-1707)

**:**
われらがイエスの四肢 Bux WV75

Membra Jesu nostri, BuxWV 75

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3512020
**:**
»  I. Ad pedes: Sonata
1.

-

**:**
»  I. Ad pedes: Ecce super montes pedes
2.

-

**:**
»  I. Ad pedes: Salve mundi salutare
3.

-

**:**
»  I. Ad pedes: Ecce super montes pedes
4.

-

**:**
»  I. Ad pedes: Salve mundi salutare
5.

-

**:**
»  II. Ad genua: Sonata in tremulo
6.

-

**:**
»  II. Ad genua: Ad ubera portabimini
7.

-

**:**
»  II. Ad genua: Salve Jesu, rex sanctorum
8.

-

**:**
»  II. Ad genua: Ad ubera portabimini
9.

-

**:**
»  III. Ad manus: Sonata
10.

-

**:**
»  III. Ad manus: Quid sunt plagae
11.

-

**:**
»  III. Ad manus: Salve Jesu, pastor bone
12.

-

**:**
»  III. Ad manus: Quid sunt plagae
13.

-

**:**
»  IV. Ad latus: Sonata
14.

-

**:**
»  IV. Ad latus: Surge, amica mea, speciosa mea
15.

-

**:**
»  IV. Ad latus: Salve latus salvatoris
16.

-

**:**
»  IV. Ad latus: Surge, amica mea, speciosa mea
17.

-

**:**
»  V. Ad pectus: Sonata
18.

-

**:**
»  V. Ad pectus: Sicut modo geniti infantes rationabiles
19.

-

**:**
»  V. Ad pectus: Salve, salus mea, Deus
20.

-

**:**
»  V. Ad pectus: Sicut modo geniti infantes rationabiles
21.

-

**:**
»  VI. Ad cor: Sonata
22.

-

**:**
»  VI. Ad cor: Vulnerasti cor meum
23.

-

**:**
»  VI. Ad cor: Summi regis cor, aveto
24.

-

**:**
»  VI. Ad cor: Vulnerasti cor meum
25.

-

**:**
»  VII. Ad faciem: Sonata
26.

-

**:**
»  VII. Ad faciem: Illustra faciem tuam
27.

-

**:**
»  VII. Ad faciem: Salve, caput cruentatum
28.

-

**:**
»  VII. Ad faciem: Amen
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/01/27
ブクステフーデの最高傑作のひとつ《われらがイエスの御体》は1680年に書かれた、7つの部分からなる連作カンタータです。ソロモンの雅歌などから引用された成句と、アルヌルフ・デ・ルーヴァンの『リトミカ・オラツィオ(Rythmica oratio)』の一節が用いられており、十字架に磔となったキリストの御体の各部分へ語りかけることで、キリストの痛みをわがものとして捉え、受難を受け入れるという深い内容と祈りの音楽です。 この演奏は、OPUSARTEとオックスフォード・マグダレン・カレッジ合唱団との間の新しいパートナーシップ立ち上げの証しであり、指揮者ダニエル・ハイドの素晴らしい指揮による「男性のみ」の合唱(ソプラノパートは少年たちが担う)は、瞑想的で神秘的な響きを持ち、アンサンブル「ファンタズマ」も幽玄な音色で、この物語を丁寧に辿っていきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。