ホーム > アルバム > OC1704 モール:2つのチェロのための協奏曲/4つのチェロのための組曲/チェロ・ソナタ(ヘス/シュトロンベルク/ニュルンベルク響/ピールマイヤー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1704
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
エマヌエル・モール Emanuel Moór
アーティスト
ニクラス・エッピンガー Niklas Eppinger , イリーナ・ザッハレンコヴァ Irina Zahharenkova , ダーヴィト・シュトロンベルク David Stromberg , ニュルンベルク交響楽団 Nuremberg Symphony Orchestra , ルドルフ・ピールマイヤー Rudolf Piehlmayer , セバスティアン・ヘス Sebastian Hess , カリーナ・リーヴス Carina Reeves

モール:2つのチェロのための協奏曲/4つのチェロのための組曲/チェロ・ソナタ(ヘス/シュトロンベルク/ニュルンベルク響/ピールマイヤー)

MOÓR, E.: Concerto for 2 Cellos / Suite for 4 Cellos / Cello Sonata (S. Hess, D. Stromberg, Nuremberg Symphony, Piehlmayer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1704

全トラック選択/解除

エマヌエル・モール - Emanuel Moór (1863-1931)

**:**
2つのチェロのための協奏曲 ニ長調 Op. 69

Concerto for 2 Cellos in D Major, Op. 69

録音: 19-21 February 2019, Konzerthaus Blaibach, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635887
**:**
»  I. Molto moderato
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato
4.

-

 
**:**
チェロ・ソナタ イ短調 Op. 53

Cello Sonata in A Minor, Op. 53

録音: 19-21 February 2019, Konzerthaus Blaibach, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635888
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro con brio
7.

-

 
**:**
4つのチェロのための組曲 Op. 95

Suite for 4 Cellos, Op. 95

録音: 23-25 October 2018, Konzertsaal der Nürnberger Symphoniker, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635889
**:**
»  I. Andante sostenuto
8.

-

**:**
»  II. Molto allegro
9.

-

**:**
»  III. Adagio
10.

-

**:**
»  IV. Allegro con brio
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
ハンガリー出身のピアニスト・作曲家、エマヌエル・モール。作曲を始めた当時は後期ロマン派の作風による作品を書いていましたが、1900年頃を境に新古典派主義に転向し、作風を変化させています。新しいピアノの開発にも尽力し、自らが考案した「エマヌエル・モール式ピアノフォルテ」(手鍵盤を2段に重ねることで、2オクターヴの音程を片手で掴める。ラヴェルが絶賛した)の普及に務めたことでも知られています。また彼は、チェリスト、パブロ・カザルスと親しく、カザルスのために数多くのチェロ曲を作曲しており、このアルバムでは様々な段階におけるモールとカザルスの関係性が感じられる作品を聴くことができます。作品番号53のチェロ・ソナタは、カザルスと出会う以前の作品ですが、2つのチェロのための協奏曲が大好評を博したため、カザルスから4つのチェロのための組曲についての作曲依頼があったというものです。中ではチェロ組曲における4つのチェロが綾なす優美な響きが見事です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。